ロシ子が生きていた証、元気でいてくれてた頃のロシ子…、涙が出た。


2015.3.1

これ、2015年3月1日に撮った写真…、ロシ子が2歳と2ヶ月で、アビのすけが我が家に来て丸2ヶ月の日…、今日、アップする5枚の写真は、当然、過去にアップした事のある写真ですが、本当なら、先週に書くつもりだったブログに、再度、アップするつもりだった写真たち。

先日、たまたま、パソコンの中のロシ子のフォルダーを覗いたら、1年か2年前に私のLINEのプロフィール画像を作るため、ロシ子アビのすけが一緒に写ってる良い写真をピックアップしていたフォルダーがあって…。

その写真を見たら、ロシ子が元気でいてくれてる写真たちがあって、ロシ子、生きてたんだなって、もう、ロシ子に会いたくて会いたくて、本当に心が苦しくなって、私、思わず、涙が出てしまいました。

アビのすけがいてくれて、アビのすけがおバカなことをしてくれるから、私は笑うこともできるのだけど、やっぱりロシ子がいなくて本当に寂しいし、ロシ子がいない悲しさは、どうやっても埋めることができません…。(涙)

2015.4.28 これは、2015年4月28日のロシ子で、この写真は私のスマホの待ち受け画面にもしてるのですが、ほんと、如実にロシ子の性格を表してる写真で、アビのすけがやんちゃ坊主な一方、ロシ子は本当に穏やかな女の子だった…、本当に美人で控えめで、私の事だけを好きでいてくれたロシ子

先週、なんでブログを書けなかったかと言うと、11/5(木)の朝にアビのすけがご飯を一気食いしたからか吐いてしまって、それを掃除している時、ロシ子が生きている時、しょっちゅう吐いていたロシ子に対して、まさかロシ子が死んでしまうとは思わなかったから、私、イラっとした事が多々あって…。

そんな事を思って、本当にロシ子に申し訳ない事をしてしまったって気持ちで落ち込んでしまって、それで、3~4日、何も手に付かなくなって、仕事もできず、亡霊のようになってしまい…。

2015.7.10

これは、2015年7月10日のロシ子で、ロシ子がまだ2歳半の頃だから、病気にもなっておらず、2階で元気に水を飲んでくれてたんだった…、アビのすけは器のど真ん中でべちゃべちゃと音を立てて飲むのに、ロシ子は器の隅の方でペロペロと音も立てずに飲んでたんだ。

当初は、ロシ子も元気だったからか、アビのすけの事が好きではなかったけど、こんな風に一緒に写ってる写真もあったけど、今から思うと、病状が進むにつれてロシ子もしんどかったんだろうな、ちょっかいをかけてくるアビのすけにシャーをして、アビのすけを寄せ付けず、一緒に写ってる写真もなかなか撮れなくなってしまったんだ…。

先程の続きですが、ロシ子が生きている頃は、1日24時間の内、23時間55分はロシ子の事を本当に大事にして、本当にかわいがっていたけど、吐いてしまった時は、私が仕事とかでイライラしてる時なんかは、ロシ子に面と向かっては怒らないけど、違う方向を向いて怒鳴ったりしたこともあって、本当にロシ子に可哀そうな事をしてしまった…。

謝っても、謝っても、ロシ子はしんどい思いをしていたのに、本当に私は最低の飼主で、本当にロシ子に謝り切れません。

2015.8.28

これは、2015年8月28日のロシ子…、ほんと、絵にかいたようなロシアンブルーとアビシニアンの写真で、ロシ子の目がこんなに生き生きとしてて…、ロシ子はなんで病気なんかになってしまったんだろう…。

今週はようやっとどん底の気持ちから立ち直って、仕事も再開して、こうしてブログも書いてるけど、実は、9月の初めにも強烈に落ち込んでしまった事があって、数日、仕事もせずに亡霊のように過ごしたことがあって、今まで落ち込んで仕事もできなくなる事なんてなかったけど、やっぱりロシ子がいないのは耐えられない…、ロシ子が亡くなってから、2ヶ月か3ヶ月に1度、襲ってくるどん底…。

ロシ子に対しての後悔、反省の気持ちが多すぎて、どうやって詫びたら良いのか、本当に、ロシ子が私の所に来てくれた日から、7年半前の2013年3月22日から、やり直せるなら、私の人生をやり直して、1mmの隙もない位、ロシ子を100%かわいがって、病気にならないようにしっかりとお世話をしてあげたい…。

2015.10.10

2015年10月10日のロシ子…、イカ耳になっちゃって、でも、ロシ子は本当に穏やかな子で、本当に抱き心地が良かったんだ…、今から思うと、この頃は私は本当に幸せで、ロシ子がうちに来てくれてから、遊びに行くこともなくなり、欲もなくなり、ただただ、ロシ子アビのすけとの生活に本当に満足してた…。

この世にロシ子がいてくれて、私と一緒に過ごしてくれてた事が、本当に現実だったのかって、幻のように思えてしまう。

ロシ子、天国で元気にしてるかい…、いっぱい空気を吸って、元気で過ごすんだよ…、やばい、また涙が出てきたよ…、本当に、ロシ子に会いたくて絶望的な気持ちになってしまいます…。

20201109-1441

アビのすけ君のことも、今は本当にかわいくて、とっても大事にしています。

これは、おとといのアビのすけ君のおしっこの様子…、たまたま私、アビのすけはどこにいるかって探しに来たら、アビのすけがいなくって、もしかしたらと思ってスマホでWebカメラを覗いたら、イカ耳になって座っていたので、私もこの状態で固まっている所…、ヒートテック姿でお恥ずかしい…。

アビのすけ、ようやっと、頻尿、血尿になる前のペースで、おしっこをしてくれるようになりました。

アビのすけのおしっこ表

これ、アビのすけのおしっこの記録。

11/2(月)頃からは、1日に1回のペースでおしっこをしてくれる様になって、量も大体70~80mℓで安定してくれてて、本当にホッとしています。

iPhone-20201111-2405

そしてこれは、さっきのアビのすけ君…、ちょっと毛は薄くなってるけど、お腹の辺り、無事に皮膚炎も治って、めっちゃ元気にしています。

でも、いつ病気になるか分からないから、いつも注意してアビのすけを見てる…、ロシ子を早く亡くしてしまって、ロシ子に色々と教えてもらったから、アビのすけは絶対に長生きすると思うし、長生きさせる自信があります。

私じゃなければダメな天国にいるロシ子と、私じゃなくても元気に生きていけるアビのすけと、楽しく元気に生きていこうと思っています。(笑)


スポンサーリンク

12 thoughts on “ロシ子が生きていた証、元気でいてくれてた頃のロシ子…、涙が出た。

  1. nahoq

    ロシ子ちゃんほんとに可愛いですね。。
    思い出してあげることが1番の供養になると聞いたことがあります。ロシ子ちゃんは幸せですね。
    さて、うちにもロシアンの女子とシンガプーラの女子(妹分)がいますが、ロシアンがシンガプーラを嫌いみたいで、お話を聞いているとロシ子ちゃんとアビのすけくんの関係そのものです。(うちのロシアンはもっと意地悪ですが)
    アビシニアンとシンガプーラは同系で気性も見た目も似ているよとのことですし。。
    でも、ロシ子ちゃんがいなくなってアビのすけくんの具合が悪くなるとか、本当は存在を認め合っているんだなと、うるうるしてしまいます。
    パパさんもアビのすけ君と仲良く、いつかまたロシ子の妹さんを迎えられる日が来ますように。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      nahoqさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、容姿もかわいかったですが、とにかくロシ子は、本当に性格のかわいい子でした。
      ロシ子の事は、思い出したくなくても、思い出してしまいます。
      私はロシ子が本当に大好きだったので、本当に辛いです。

      私は、シンガプーラちゃんの性格は知りませんが、アビシニアンは本当に遊び好きで、アビのすけはしょっちゅう、ロシ子にちょっかいをかけてました。
      ロシ子は病気だったので、その都度、私は本気で怒って、アビのすけを追っ払っていました。
      でも、ロシ子が生きてる頃は、約5年以上もアビのすけの事を2の次、3の次でほったらかしにしていましたが、ロシ子がいなくなって、酷い血尿をしてからは、めちゃくちゃ、可愛がっています。
      でも、私にとっての永遠の一番はロシ子で、アビのすけは可哀そうですが、永遠の2番で、アビのすけにいつも言い聞かせています。

      はい、多分、ずっと先になると思いますが、できれば、ロシ子と血の繋がった女の子をお迎えしたいと思っています。
      有難うございます。

      返信
  2. 色々な2ショット写真があるのですね。
    アビのすけ君が来た当初はアビのすけ君にオモチャを取られたり、くっつかれたりして少し戸惑い気味だったロシ子ちゃんの印象があります。
    また、パパさんが留守の時の動画記録でアビのすけ君がロシ子ちゃんの餌を食べたのを見た時は、私は画面に向かって
    「アビのすけ君!!何しているの!!!」
    と声を出してしまったこともあります。
    でも、アビのすけ君が入院した時はロシ子ちゃんは寂しそうだったようにも思いました。
    それにアビのすけ君の存在に慣れてくるとロシ子ちゃんもしっかりやり返したり、運動がてらアビのすけ君と取っ組み合いをしているように見えました。

    そう、この、キャットタワーでの2ショット写真、本当に素敵でした。
    ロシ子ちゃんの目力が強いです。
    ブルーさんも見て下さったのですね。
    ところでブルーさんのロシアンちゃんは女の子でしょうか?男の子でしょうか?(ちょっと興味があります・・・ちなみにうちは女の子でお転婆娘です)
    この写真をちょっと拡大して、youtubeでパッヘルベルの「カノン」を流しながら聴くのが私は好きです。
    ちなみに先日のコメントで(この写真の記事の)日付を2005年と書いてしまいましたが2015年でしたね。
    後で気がついてびっくりしました。
    失礼しました。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      狸さんは、当初からロシ子のブログをご覧くださっていたので、アビのすけが来た頃の事も、良く知っていただいてて、本当に有難うございます。
      本当ですね。私も旅行中、海外からパソコンでアビのすけのやんちゃぶりを見て、本当に腹を立てて、帰ったら殴ってやるなんて思って、ブログに書いていたのも覚えています。
      ロシ子は、本当に穏やかな女の子でした。(涙)
      やばいです。ロシ子の事を思い出すと泣けてきます。

      はい、日付の事は、多分、2015年の書き間違いだろうと、ブログを見返しました。
      本当に、いつも、有難うございます。

      返信
  3. ブルー

    どれも良い写真ですね。程よい距離がロシ子ちゃんには心地よかったのでしょうか、ロシ子ちゃんも落ち着いた表情をしてますね。

    お慰めにはならないかもしれませんが、私も去年肺疾患で父を亡くしました。闘病中の生き様がロシ子ちゃんと重なる部分があり、ロシ子ちゃんの事を勝手に身内のような気持ちで応援していました。
    父も一度は危ない状態から復活してくれ、亡くなる前の半年は酸素が手放せない生活でしたが三年ほど頑張ってくれました。あの時に逝かずに頑張ってくれたのは、私に覚悟をする時間をくれたんだ、と思うようにしています。
    ロシ子ちゃんもそうだったのではないでしょうか、パパさんのために頑張ってくれたのだと思います。
    肺の病気は本当に残酷だと思います。
    今でも時々、父が生きていたら…と思うことがありますが、今生きていてもあの頃よりも確実に苦しい思いをしているだろうから…と、それ以上は考えないようにしています。闘病中の苦しい様子を見ていたから、今は苦しまなくて良かったと思えます。本人に聞くことは出来ないので、時には辛くならないよう残された者は自分の都合のいいように考えるのも良いのではないでしょうか。忘れることは出来ませんが、思い出して辛くなる間隔は長くなっていきます、思い出しても辛くなるばかりではない日が必ず来ます。
    両方を経験された方は、親を亡くした時よりもペットを失った時の方が辛かった、と言います。本当にそうだろうな、と思います。
    いくら尽くしても後悔は残るものだそうです。もしロシ子ちゃんに対しての後悔があるとしたら、パパさんの仰る通り、アビのすけ君に繋げてあげたらロシ子ちゃんも喜んでくれると思います。
    パパさんに抱っこされたアビのすけ君はとても幸せそうな顔をしてますね。アビのすけ君もパパさんでなければダメですね。

    私事も含め長々と失礼致しました。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんばんわ。何回も有難うございます。

      そうなんですね。お父様を肺疾患で亡くされたんですね。
      ロシ子が亡くなる前は、肺炎とか、気管支炎とか、良く知らなかったのですが、肺の疾患がこんなに苦しんでしまうものなのかと、ロシ子の事が頭から離れません。
      お父様も本当にしんどかったと思いますし、その苦しんでおられる姿を見守るしかないブルーさん始め、ご家族のみなさまも、本当に苦しかったと思います。
      私も今でも、ロシ子が苦しんでいた時の事を思い出すと、可哀そうで可哀そうで、私も苦しくなってしまいます。
      ロシ子が亡くなってから、安楽死の本を3~4冊、読みましたが、ブルーさんのお父様への気持ちと同じで、私もロシ子がいない寂しさは堪りませんが、でも、今でもロシ子が生きていて、苦しんでいる事を思うと、これで良かったんだって思えます。
      最愛の子が苦しんでいる姿は、本当に見るに堪えません。

      今まで、命の事なんか、あまり考えたこともありませんでしたが、命って本当に尊いですよね。
      アビのすけの事も、いつ病気になるか分からないので、本当に注意して見ていますし、優しく接しています。

      いつも、本当に有難うございます。

      返信
  4. ブルー

    パパさん、狸さんへのお返事にコメント欄をお借りしてすみません。
    狸さんの思いやりに溢れる優しいコメントに私も癒されながら拝見しております。ロシ子ちゃんの事も当初からご存知のようなのでパパさんにとっても心強い方だと思います。
    ウチの子にも興味を持っていただきありがとうございます。はい、ウチも女の子です。とても厚かましいのですが、長女が丸顔ロシアンでロシ子ちゃんに似てる気がしてます。性格は超ドライです。抱っこ嫌い、甘えるのはご飯の催促の時だけ、自分から膝に乗ってきてくれたのも四年目で一度きりです。膝乗りのロシ子ちゃんが羨ましいです。
    パパさんも仰ってますがロシアンブルーは本当に魅力的な猫ですね、子猫の時に可愛いのは勿論ですが、成猫の美しさは格別だと思います、パパさんが子猫の時より成長したロシ子ちゃんが好みだと仰る意味がよくわかります。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、ご丁寧に有難うございます。

      狸さんは、本当に、ロシ子のブログを当初からご覧下さってて、私よりも覚えておられる事もあるんですよ。
      良い方ですし、こんなブログでよければ、いくらでも活用して頂ければと思います。

      返信
  5. モモ

    こんばんは、お疲れ様です
    大分落ち込まれていたようですがその後いかがでしょうか。私も毎日愛猫を忘れる事はありませんが
    ふともっと思い出残しておけば良かったなと後悔することがあります。パパさん程のロシ子ちゃん思い
    の人ならいつか毛皮を着替えて現れてくれると思います。

    今年も残り僅かになりました、愛猫のお骨を納めている霊園で年末年始に竹灯篭で迎え火と送り火の
    供養祭が催される事を知り早速申し込みをしました、感謝の気持ちを込めて供養したいと思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      モモさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      はい、たまに、強烈に後悔や反省の念が湧いて来て、ロシ子に申し訳なくて申し訳なくて、痛烈に凹んでしまうことがあります。
      多分、今後もそうなると思います。

      霊園で供養祭が行われるなんて、羨ましいです。
      ロシ子も霊園で火葬してもらいましたが、そちらのホームページを見ても、その様な行事はありません。
      ロシ子の遺骨は我が家にあるので、日々、供養をして想ってあげれば良いのかも知れませんが、私も、ロシ子の遺骨の破片を流した川にいって、灯篭でも流そうかと思います。
      今からAmazonで灯篭を探してみます。
      有難うございます。(笑)

      返信
  6. ブルー

    パパさん、体調はいかがですか?
    11月は物悲しい季節のような気がします。私も去年の今頃までは見るもの全てがグレーに見えていたのを思い出します。
    パパさんのお住まいの方のお天気はどうですか?
    お天気が良い日は空を見上げてみませんか?きっとロシ子ちゃんもパパさんを見てくれてます。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      私は体調自体は良いのですが、ロシ子の事で、たまに落ち込んで気力がなくなってしまう感じです。
      元気にはしてるのですが、なんか、気持ちが晴れないというか、思いっ切り笑っても、ロシ子のいない現実に戻ると、気持ちがくすんでしまいます。
      私だけではなくて、大事な家族を亡くされた方や、大事なペットを亡くされた方も、こんな気持ちの方も多いんだろうなと思うと、人生ってなかなか辛いものですね。

      まぁ、そんなことを言っても、どうしようもないので、前を向いて楽しく生きて行くしかありませんよね。
      いつも、有難うございます。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です