アビのすけ、6歳と5ヶ月、皮膚炎が治らないよ〜、明日も注射…。


iPhone-20210309-1040

我が家のアビのすけくん、今日で6歳と5ヶ月になりました。

これは、1週間前の3/9(火)の朝一番のアビのすけくん、日頃はとっても元気でいてくれているのですが、皮膚炎だけは相変わらずで…。

モメタオティックを塗っても、治りは遅いし、舐めさせないようにエリザベスカラーをはめると、アビのすけが可哀想だし、ストレスにもなるだろうということで、最近はモメタオティックも塗らずで、そんな内にズルズルと時間だけが過ぎていき、結局、皮膚炎を長引かせてしまっている始末なのです。

iPhone-20210309-1042

これは、その日のアビのすけの右足のうち太もものあたり…、この通り、酷い皮膚炎で、これ、皮膚炎ができてから、もうかなり日時が経過している感じ。

そこで、この日は、朝から猫専門の動物病院に行ってきて、抗生剤と消炎剤の注射を打ってきました。

なんと、スマホを持っていくのを忘れて、写真は撮ってないのですが、本当は注射はあまり打ちたくないのですが、膀胱炎になった時にとても良い診察をして頂き、とっても信用しているので、問答無用で先生のご意見通りに打って頂きました。

Snapshot_20210311_1412

これは、3/11(木)の午後のアビのすけくん。

この日も暖かかったのか、アビのすけ、珍しくこの時間に2階にいたのですが、この場所、ロシ子が大好きだった場所で、ロシ子の特等席だったのでアビのすけはほとんどここにはいなかったのだけど、こんなアビのすけの様子を見ながら、ロシ子を思い出して悲しくなってしまった。

この前も、ちょんなことから3年ほど前のロシ子の動画を見てしまったのですが、決してロシ子がしんどい様子を写した動画ではなかったのですが、ロシ子の呼吸数がとても早くて、ロシ子、しんどかっただろうなって思うと、当時の自分の無知さ加減に腹が立ってきた。

ロシ子に申し訳なくて申し訳なくて、天国でまた会えたら、絶対に真剣にロシ子に謝りたい…。

iPhone-20210312-1712

これは、先週の(金)の3/12のこと、この日もちょうど100mlのおしっこをしてくれて、ほぼ毎日、これくらいのおしっこをしてくれているので良い感じ。

先々週の3/4(木)にアビのすけの尿検査に行ってきた時に、皮膚炎の動物病院とはまた別の病院でですが、PHを試験紙を3本分、譲ってもらってきて、この日、測定をしてみました。

iPhone-20210312-1714

一番、先の部分をおしっこの中に突っ込んで、色が変わるので、それでPH値が調べられるのですが。

iPhone-20210304-0939

これは、動物病院で撮った写真で、一番下の横列がPH値の色見本なのですが、アビのすけのさっきの試験紙の色と見比べてみると、「6」が一番近いかなぁ〜…。

動物病院での尿検査の結果は、少しストラバイトが出ていて、結局、アルカリ性に傾かなければ大丈夫と言われ、その時は7〜8という結果だったのですが、こんな緑色に変色したのかな…?

私の検査の仕方が悪かったのか、まったく緑色には触れなかったので、猫や犬の場合、5.5〜7の間なら問題なく、アビのすけの場合もアルカリ性には傾いていなので、まぁ、良しとしておきますが、次回はもう少ししっかりと検査しようと思っています。

iPhone-20210313-0933

そしてこれは、先週の(土)、前回の診察から4日後のこの日、アビのすけをまた猫専門の動物病院に連れて行って来ました。

アビのすけの皮膚炎はこんな状況で、私的には、注射の効果が殆ど見られなかったのですが、先生からは、少しは快方に向かっていると。

しかし、前回からのお話でも、1回、しっかりと直しきってしまうことが大事とのことなので、この日も注射を打って頂きました。

iPhone-20210313-0934

ブチュっと注射を打って頂きました。

今までは、モメタオティックでじゅわじゅわと治していた感じで、これだと治り切る前にペロペロして他の部分に転移していたから、ずっと、あっちこっちに皮膚炎が出て続けていたとの先生のご意見なので、今回は、とにかく治しきってしまおうと思っています。

iPhone-20210316-1314

そしてこれは、今日のアビのすけの皮膚炎の状況…、ほんと、かなり良くなったのですが、治りきらない…。

ということで、治りきらなかったら、明日も来るように言われているので、明日も注射を打ちに行って来ます。

8日間で3回目の注射なので、ステロイドの危険性のこともしっかりと確認させていただいた上で、注射を打って頂こうと思っています。

とにかく、こちらの猫専門の動物病院の先生は、本当にびっくりするくらいの安い料金だし、多分、地域の猫を守るようなこともされているようなところなので、とても信用しているので、先生におまかせしようと思っています。

ロシ子が存命中なら、ぜひ、この先生にも見て欲しかった…、ロシ子の病気はきちんとした検査器具を備えた大きな病院じゃないと難しかったけど、こちらの先生の所見も聞いてみたかった…、ロシ子、ごめんよ…。

Snapshot_20210315_0847そして、ついでですが、これは昨日の朝のことですが、最近、めったに見ないWebカメラで2階を見たら、何だ、これは…? うんこをしたのか? それとも吐いたのか…? アビのすけ、どうした…?

ということで、2階に行ってみたら…。

iPhone-20210315-0849

この少し前に食べた朝ごはんを、ほぼ全量、吐いていました。

まぁ、アビのすけは健康だし、かなり久しぶりの嘔吐だし、全く心配はしていないので、穏やかな気持ちでゲロの掃除をしていたのですが、このゲロの掃除をしながら、頭に思い浮かんだのはロシ子のこと…。

ロシ子は、最後の1〜2年位はほぼ毎日のように吐いていて、まさか死んでしまうとは思ってもいなかったので、私、たまに腹立たしく思ってしまったこともあって…。

ロシ子に悟られないよう、ロシ子の顔をみずに、あっちの方向を見て怒りの感情をなにかにぶつけていましたが、ロシ子はしんどかったろうに、そんな感情を持ってしまった自分に腹が立つし、私は本当に、後悔してもしきれません。

あんなに可愛かったロシ子に、そして、ロシ子が一番しんどかったのに、なんでもっと親身にロシ子の気持ちになってあげられなかったのか…。

確かに、本当にロシ子が死んでしまうとは思ってなくて、その病状も良くないことは分かりつつも、死んでしまうような病気であることの実感を持ててなくて、毎日、ちょっとしたことでロシ子の事を思い出しては、毎日、ロシ子に対して償うことのできない過ちを犯してしまったと、気持ちがどんと落ち込んでしまいます。

ロシ子に会えるのなら、本当に面と向かって謝りたい…、でも、ロシ子は死んでしまったけど、ロシ子にとっては楽になれたから良かったことで、私の勝手でロシ子に苦しみの中で生かし続けてしまったことは、私はロシ子に苦痛を与えてしまったのではないかと、本当に自分のしてきたことに悩み続け、悔やみ続けています。

ロシ子は今、天国で苦しみのない世界で暮らしてくれていると思うので、私は悲しいけど、ロシ子にとっては良いことだと思って我慢しています…、ロシ子、天国でのんびりと暮らすんだよ…。

なんか、変なブログになってしまいました…。


スポンサーリンク

アビのすけ、6歳と5ヶ月、皮膚炎が治らないよ〜、明日も注射…。」への4件のフィードバック

  1. アビのすけ君、皮膚の炎症が長引いているのですね。
    うちのステラもアレルギーで皮膚炎になったことがあるので他人事に思えません。
    アビのすけ君の皮膚炎は何が原因なのでしょうか。
    舐めなければもう少し早く治るのかも知れませんが、どうしても気になってしまうのでしょうね。
    人間でも触ってはいけないところほど気になって触ってしまいます。

    主治医の先生の“治しきる”というお言葉が頼もしいです。
    美男子のアビのすけ君には、どうか綺麗な皮膚でいて欲しいです。
    そしてロシ子ちゃんがいなくなった今、アビのすけ君にはどうか元気で健康でいて欲しいです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントをありがとうございます。

      アビのすけは、我が家に来たときから、頻繁に皮膚炎になっているので、遺伝だと思います。

      昨日も注射を打ってきましたが、なかなか治りきらず、治りきらなかったら、又、注射をうたなければいけませんので、ステロイドだけに不安です。

      ロシ子がいなくなり、ロシ子に可哀想な思いをさせてしまったので、アビのすけのことは本当に心配しています。

      心配して下さいまして、有難うございます。

      返信
  2. KANA IZUMISAWA

    はじめてコメントさせていただきます。

    ロシ子ちゃんのブログは、以前からこっそり読ませていただいていました。

    私もロシ子ちゃんと同じ時期くらいにロシアンブルーの男の子を飼い始め、このブログを見つけました。
    ロシアンブルーてやっぱり可愛い!と思いながら見ていました。

    実は私の愛猫が病気になり、亡くなり
    久しぶりにブログを拝見させていただくと同じ年くらいで亡くなっていました。
    癌でした。

    どうしてこんな早くに死んでしまったのか悲しくて、悲しくて自分を責めてしまうことも多々あります。

    最近ですが、主人の要望もあり、
    新しい猫ちゃんを迎えることとなりました。

    新しい子はどちらかというやんちゃで、最近の方がロシアンブルーの子を思い出します。
    ロシアンブルーは何て頭が良くてなんて可愛い子だったんだろう。
    と、、、(比べることはおかしいことですが、、、もちろん今の子も可愛いです)

    本当はまだお別れしたくないのですが、納骨することを決めました。

    ロシ子ちゃんは、頑張り屋さんでいい子で美人さんだったから忘れられないですよね(T_T)

    私も忘れられないし、忘れないと思います、、、

    ロシ子ちゃんがまたあなたのもとへ生まれ変わって戻って来れますように祈っております!

    言葉もまとまってなくて申し訳ありません。
    たまにブログ読んでいます。

    ご自愛くださいませ。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      こんばんわ。初めまして。この度は、ロシ子のブログにコメントを下さいまして、有難うございます。

      癌で亡くされたんですか。私は癌のことはよく分かりませんか、苦しんで亡くなってしまったのでしょうか?

      我が家のロシ子は、呼吸器系の病気で、2年ほど、闘病生活を送っていましたが、最後は呼吸ができなくなって、私の腕の中で絶命して、息を引き取りました。

      その時のことを思い出すと、今でも心が締め付けられる思いです。

      本当にロシ子に可愛そうな思いをさせてしまって、申し訳無さでいっぱいで、この気持は一生、消えないと思います。

      我が家にも、今、アビシニアンの男の子がいて、この子がいるので、私はまだ正気を保っていられてます。

      しかし、この子も本当に可愛いのですが、やはり、ロシ子の、ロシアンブルー独特の、穏やかで控えめな可愛さには敵わないと思っています。

      ロシ子にとっては、苦しみを背負いながら生きていくよりも、運命のもとに、今は天国で苦しみのない世界にいるので、私は悲しいですが、ロシ子にとっては良かったのだと思うようにしています。

      そして、何十年か後に、私が死んだらロシ子に会えるので、まだもう少し生きたいですが、寿命の切れるときには、それはそれで楽しみでもあります。

      どうぞ、ロシアンブルーくんの事を心に思いながら、今の猫ちゃんをかわいがってあげて下さい。

      有難うございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です