母が、ロシアンブルーのロシ子に会いに来ました。


警戒するロシアンブルー。今日は、ロシアンブルーのロシ子に会う為、久しぶりに、私の母が、京都から遊びに来てくれました。

かれこれ、半年位前、まだ、ロシアンブルーのロシ子が小さくて、我が家に来たばかりの頃に、一度、ロシ子は母に、会った事があり、その時は、警戒もせず、すぐに懐いたのですが、今回やいかに…。

※母は、私の左側に座っていたので、ロシ子は常に、写している私の、右に視線を向けています。

バリバリ警戒中のロシ子。やはり、ロシ子も大きくなり、今回は、警戒モード、バリバリです。
常に警戒するロシアンブルー。今回は、一歩、歩いて、母を見て、一歩、歩いて、また、母を確認して、という感じで、常に、母の事をチェックしているのです。
トイレに隠れるロシ子。とうとう、ケージの中の、トイレの前に座り込んでしまった、ロシアンブルーのロシ子

母には、ロシ子を抱かせてあげたいし、でも、すんなりと、母に懐かない、ロシアンブルーのロシ子を見て、ちょっと、嬉しかったり…、私の内心は複雑なのです。
母の行動に警戒心のロシ子。母が、少しでも、動いたり、話したりする度に、こんな感じで、ビビると言うか、警戒心バリバリの、ロシアンブルーのロシ子…。

やはり、神経質な性格で、飼い主には、とても懐くけど、知らない人には、なかなか、懐かない、ロシアンブルーの特徴ですね。

私、心の中で、にんまり…。(笑)
とうとう、隠れてしまったロシ子。とうとう、こんなとこに、隠れてしまいました。

決して、危害なんか、加えないのに、そんなにビビッて、どうするの…ロシ子ちゃん。
ちょっとだけ、慣れたロシ子。母には、とにかく、ロシアンブルーのロシ子を無視するよう、アドバイスをする私…。

少ししたら、ようやく、ロシ子、出てきました。
警戒中のロシアンブルーのロシ子。腰が引けてしまい、瞳孔も大きくなって、本当に、臆病猫の、ロシアンブルーのロシ子です。

ロシ子のへっぴり腰の様子を、録画したのですが、とにかく、腰が引けています。

そんな、気の弱い、臆病猫の、ロシ子の行動を見て下さい。

母が、一旦、部屋を出た後、戻って来て、また、部屋に入って来た所からスタートしています…。

ロシアンブルーのロシ子が、その、入ってきた母をガン見して、警戒しながら、見続ける所からスタートしています。

段々と落ち着いたのか、母が、危険ではない事が分かってきたのか、母が、遊び道具として、持ってきてくれた、テニスボールで遊び始めました。

そして、おやつを、母の前に置いて、ロシ子を引き寄せようとすると、警戒しながらも、食べる様になってきた、ロシアンブルーのロシ子です。

でも、2時間位、母は来ていたのですが、母の所に、ロシ子を連れて行って、抱かせようとしましたが、猛ダッシュで逃げて行く始末で、最終的に、抱っこまでは、させなかった、ロシアンブルーのロシ子でした。

その後、母と昼ご飯に行き、JR芦屋駅まで送って行って、我が家に一旦、戻ってきたのですが、その様子がこちら。
私を待っている、ロシアンブルーのロシ子。母がいる時は、おやつも、少ししか食べなかったのですが、おやつとカリカリは、完食しており、そして、私の帰りを待っている、ロシアンブルーのロシ子なのです。

そして、部屋に入ると、鬱陶しい位、私にまとわり付いてくる、ロシアンブルーのロシ子

私には、心を許してくれ、他の人には、警戒心バリバリの、こんな、ロシアンブルーのロシ子が、もう、かわいくて、かわいくて…。

母には申し訳ないのですが、私としては、とっても嬉しかった、今日の出来事でした。

ちなみに、前回、母が来た時の様子は、下記から、覗いてみて下さいね…、今回とは、全然、様子が違いますので…。
誰にでもなついてしまう、ロシアンブルーのロシ子です。
3月27日と言えば、ロシアンブルーのロシ子が、我が家に来てから5日目、まだ、生後2か月と20日位の時ですね…。

やっぱり、子猫の時は、警戒心も薄く、誰にでも懐いてしまい、私もジェラシーを燃やしたのを、思い出しました。(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です