ロシ子は、アビのすけが来てくれた事、喜んでいると思う…。


晩ご飯を食べるロシアンブルー。これは、昨日の晩ご飯を食べている、ロシアンブルーのロシ子です。

アビのすけをケージから出して、昨日は2日目だったのですが、1日目のおとといは、ロシ子がご飯を食べている時に、アビのすけがちゃちゃを入れに来たら、ロシ子は食べる事を止めて、逃げてしまったのですが、昨日の晩位になると、ロシ子も慣れたもので、アビのすけに少々のちゃちゃを入れられても、動じず、食べ続けていたのです。

アビのすけがロシ子の水を。アビのすけロシ子の水を飲んでいますね…、良い事ですね。

逆に、ロシ子も、ケージの中のアビのすけの水を飲んで、一つ一つ、ロシ子アビのすけの距離が縮まっていますね。
怒らないおおらかなロシ子。しかし、ロシ子は繊細なロシアンブルーなので、人見知りも激しいし、怖がりだと思っていたのですが、案外、順応力もあって、友好的で、本当に良い性格してますね。
爪研ぎするロシ子に絡むアビのすけ。そして、爪研ぎをするロシ子に絡むアビのすけ…、どこまででも、ロシ子お姉について行くアビのすけなのです。

ちなみに、ロシ子が子猫の頃から、爪研ぎをしていたこの座椅子、昨日、よく見たら、ボロボロになって、中綿が出て来ていたので、アビのすけが食べるとやばいと思い、撤去しました。
トイレに入るアビのすけ。これも昨日の様子なのですが、一見、変哲もない、アビのすけがトイレに入ろうとしている、普通の写真なのですが、多頭飼いにとって、とても大事な写真なんです。

実は、トイレの中に、ロシ子が入っているのです。

ロシ子も慣れて来て、アビのすけの住まいのチェックを、昨日の晩から始めたのですが、その様子も録画しましので、見てみて下さい。
トイレを共有する事って、多分、多頭飼いにとっては、とっても大事な事だと思うんですが、今日は、アビのすけロシ子のトイレに入って、砂をガリガリしていましたよ。

まだ晩は、アビのすけにはケージに入ってもらって、ケージの3階の猫ベットで寝て貰っているのですが、その内、晩もアビのすけを解放したら、ケージの3階の猫ベットで、ロシ子アビのすけが、一緒に寝てくれる日も近いのではと思っています…、私は寂しいのですが…。
部屋の襖も撤去しました。そして、これは今日、撮った写真ですが、ロシ子アビのすけの関係も、とっても良好なので、昨日から、部屋の仕切りの襖も、また、撤去しています。
新しいロシ子の缶詰です。そして、また、缶詰の写真なのですが、最近は、ロシ子のお昼ご飯にも、ウェットご飯を混ぜてあげているので、2日毎に、新しい缶詰をあげる様になり、今朝からもまた、新しい缶詰を、ロシ子にあげています。

モンプチの新バージョンの缶詰の、21種類中の17番目、「サーモンのあらほぐし 海老ソース添え」です。

ロシ子のご飯です。ロシ子の今日、明日のご飯です。
アビのすけの量と同じ量。重さ的には、小さいアビのすけが食べているご飯の量と同じ、約28g…、アビのすけのご飯はふやかしているので、実際は、アビのすけのご飯の量よりも少ない、ロシ子のご飯になりますね。
ご飯を食べるロシアンブルー。そして、ロシ子もしっかりと、残さずご飯を食べてくれています。

ロシ子がストレスを抱えていない証拠なので、嬉しいですね。
アビのすけが邪魔しに来ます。すかさず、アビのすけロシ子の所にやって来ます。

アビのすけロシ子お姉の事、好きになった様ですね。
ロシ子の尻尾が好きなアビのすけ。アビのすけは、ロシ子お姉の尻尾が好きな様で、ロシ子のご飯中にも、ロシ子の尻尾と遊んで、ロシ子に猫パンチをされているアビのすけ君です。

今日のお昼間も、ロシ子アビのすけが、猫パンチの応酬を繰り広げていましたので、その模様を、ご覧下さい。
最後の、ロシ子がビックリして、飛び跳ねて、逃げて行く様子も、面白いでしょ…!

猫って笑わないので、楽しんでいるのか、怒っているのか、分かりにくいですが、どうやら2にゃんとも、楽しんでくれている様で、私の労力は、間違いなく増えていますが、ロシ子は、アビのすけが来てくれた事を、喜こんでくれていると思うので、私もそれで、報われるのです。


スポンサーリンク

8 thoughts on “ロシ子は、アビのすけが来てくれた事、喜んでいると思う…。

  1. ロシママ

    おはようございます。
    良いですね~
    ロシ子ちゃんとアビのすけ君
    ブログを見ていると心が和みます。
    アビのすけ君を見ててちょこちゃんの
    子猫時代を思い出しました。
    ちょこの名前の由来はちょこちょこ
    動きまわっていたからなのです。
    猫種にもよると思いますが、男の子の方が
    活発なのでしょうね。
    ちなみに呼び名はちょこちゃんなのですが、
    名前は「ちょこた」なのです。男の子なので・・・
    ほんと猫に癒されている自分自身を感じている
    今日この頃です。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ロシママさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      ブログをご覧頂いて、和んで頂けるなんて、嬉しいです。
      ちょこちゃんは男の子なので、ちょこちょこと動き回っていたのでしょうね。
      我が家のロシ子は女の子なので、子猫の頃、動き回ってはいましたが、ロシ子の子猫の時の、少なくとも3倍は、アビのすけは動き回っていると思います。
      ちょこちゃんの本名は、「ちょこた」君って言うんですね…、かわいらしいお名前ですね。
      私も、本当に、我が家の猫ちゃんたちがかわいくって、もう、猫抜きの生活は、考えられません。

      返信
  2. ひろっス

    ロシ子さんすっかりお姉さんになった気がします。
    足の具合も悪くないみたいで本当によかったです。

    アビのすけくんほんっとかわいいですねぇ。きれいなお色!!
    いいなぁ~あこがれるぅ

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      そうですね、かなり、ロシ子アビのすけは、仲良くなったと思いますが、まだ、アビのすけは子猫なので、せわしなさ過ぎて、一緒に寝たりまでは至っていませんので、仲良し具合70%位でしょうか。
      不思議と、走り回る時は、ロシ子の膝も外れない様なので、安心しています。

      返信
  3. 仲良し姉弟ですね。
    ロシ子ちゃんもアビ君も、もう馴染んでいます。
    トイレの共有でほっとしたというお話、私もそうでした。
    色分けして青をミラ用、黄色をステラ用と決めていたのですが、最初、ステラが青いトイレに入った時はどうしようかと思いました。
    しかし、次にミラがステラの黄色いトイレに入りました。
    今は、それぞれに自分のトイレに入ります。でも、面白くないことがあると相手のトイレに入ります。
    そして入られた方は怒ります。
    そして相手のトイレに入り返しています。
    うーん・・・なんか、ロシ子ちゃんとアビのすけ君の友好関係とちょっと違いますね。
    ところで、トイレはアイリスオーヤマのトイレですよね?
    猫ちゃんの使用後、スノコで肉球の砂が落ちるタイプですよね?
    そのトイレ、使いやすそうですか?
    実は、私、ペット用品コーナーでいつもこのトイレを見るのですが、どうなのかなーと考えていたのです。
    勿論、今のトイレが充分に使えますが、買い換えるとか買い足す機会があったら、このトイレも候補に考えていたのです。
    扉付きトイレは散らかりが少ないので助かります。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。本日も、コメントを下さいまして、有難うございます。

      面白いお話を、有難うございます。
      そうなんですね、今は、ミラちゃんもステラちゃんも、自分のトイレに入るんですね。
      各々、自分のトイレに入ってくれたら、トイレの状況も分かって、体調も把握出来ると思いますので、出来れば、我が家も、そうなって欲しいです。
      我が家で使っているトイレは、おっしゃる通り、アイリスオーヤマの、おっしゃる通りのトイレです。
      ロシ子が避妊手術をした時に、1週間ほど、エリザベスカラーを付けさせていまして、その時は、エリザベスカラー付きだと、蓋付きのトイレに入れませんので、トイレの蓋を外したのです。
      そしたら、もう、砂だらけになってしまって、大変でしたので、使い勝手は、全然、違うと思いますよ。

      返信
  4. まさ

    兄弟の距離はどんどん近くなっていますね。
    それ以前に素晴らしいのは2にゃんの毛の色のマッチングですね。
    2にゃん一緒だとメリハリがあり色合いが凄い綺麗です。(水墨画かと思いました)
    ロシアンブルーとアビシニアンレッドの組み合わせ、これにこだわったパパさんの信念、関西人のプライドを感じますね。
    自分を信じて、焦り諦め方向転換しない、ブログの中でのルールに一線を越えない、そしてこの持続力、もはやパパさんの人間性に文句を言う人間はいないですね。
    本当に学ばせて頂いています。
    ありがとうございます。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      まささん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      またまた、まささん、言い過ぎですよ。
      私的には、レッドのカラーが好みだったので、ご縁があればと言う事で、レッドの子のお迎えしようと思いましたが、年末、ブリーダーさんの所に伺った時に、ルディーのカラーも見直したんです。
      その時は、3にゃん目は、アビシニアンのルディーにしようかな、なんて思いましたが、アビのすけを迎えて、あまりに動き回るので、私も疲れてしまい、3にゃん目のルディーの案は、要再検討となっています。
      でも、アビのすけが大人になって、もう少し、落ち着いてくれる様なら、是非、ルディーの子を、お迎えしたいですね。
      ロシ子アビのすけには、もっと仲良くなってもらって、一緒に寝ている姿や、舐め合っている姿を見たいですね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です