ロシ子ちゃん、まだアビのすけ君を警戒中ですか…?


昨日の朝のロシアンブルー。寒くなってからは、1日も欠かさず、私の布団に入って来て、朝まで一緒に寝てくれる、ロシアンブルーのロシ子ちゃん。

アビのすけが来てからも、まだ、アビのすけには、申し訳ないのですが、晩だけは、ケージの中に入って、寝て貰っているので、ロシ子と一緒に寝る日々は、まだ続いているのです。

気持ち良さそうに寝ていたロシ子。アビのすけも、そろそろ晩も、ケージから出してあげても良いかな、とは思うのですが、日々の生活の中で、アビのすけが我が家にやって来た事によって、ロシ子は何事においても、遠慮がちな生活を送っている様に見えるんですよね…。

この前、試しで、昼間、ロシ子をベットに引きずり込んで、一緒に寝ていたら、やっぱり、アビのすけが布団の中に入って来て、寝る筈もなく、ゴソゴソと探索を始めて、結果、気持ち良さそうに寝かけていたロシ子が、たまらず、脱出してしまった、という事があったのです。
寝起き後のロシアンブルー。なので、晩、アビのすけをケージから解放したら、間違いなく、アビのすけはベットにやって来て、ゴソゴソすると思うので、そうなると、日々、アビのすけに対して、遠慮をしているロシ子が、唯一、楽しみにしてくれているであろう、私と一緒に寝る事まで奪う事になり、そうなると、ロシ子がぐれてしまいそうで、そこら辺、かなり悩んでいるのです。
隣の部屋にいるロシアンブルー。例えば、これ、昨日の晩の事なのですが、晩ご飯を食べた後、私やアビのすけから離れて、1にゃんで、ベットのある方の部屋にいるロシ子で、騒がしいアビのすけを避けて、こっちに1にゃんでいる感じがして…。
ロシ子の晩ご飯を持って来ました。なので、食べ残している晩ご飯をこっちに持って来てあげたのですが、アビのすけがいない頃は、ロシ子が1にゃんでこっちにいる事なんて、あまりなかったんですよね…。

なんか、ロシ子、寂しそうな感じがして…。
ロシ子と遊んであげるつもりが...。そして、アビのすけは、ロシ子が遊んでくれないと、私に絡んで来るので、結果、私はアビのすけと遊んでしまう事になってしまうので、ロシ子に焼きもちを焼かせない様に、ロシ子をテレビの部屋に連れてきて、ロシ子とゴム紐で遊ぼうと思ったら、当然の事ですが、子猫のアビのすけがやって来て…。
アビのすけが遊び始めてしまいます。アビのすけが楽しそうに遊び始めてしまったら、ロシ子はただ、アビのすけが遊んでいる風景を、眺めるのみになってしまって、ロシ子は遊ぶ事が出来ず、結局、アビのすけに、遊びを横取りされた様な感じになってしまって…。
水を飲むアビのすけをチェック。アビのすけが水を飲んでいると、ロシ子はしっかりとチェックしているし…。
常にアビのすけをチェックするロシ子。アビのすけが移動している位でも、やはりロシ子は、その様子を、目で追いかけているし…。
一人で寝るロシアンブルー。そして、晩ご飯前の時間帯、昼寝と言うか、晩寝をしている時も、ロシ子はここで寝て…。
ケージの3階で寝るアビのすけ。アビのすけは、ケージの3階の猫ベットの中で寝ていて、別々に寝ているし…。

やはり、ロシ子、約2年もの間、他の猫ちゃんと暮らした事がないので、表面的にはアビのすけの事を受け入れている様に見えても、ロシ子が心の底から、アビのすけを受け入れて、和んでくれるまでには、まだ、時間が掛かりそうな感じがしています。

なので、さっきも書きました様に、ロシ子の、晩の私との睡眠だけは、現段階では、奪ってあげる事が出来ないのです…。
珍しく遊んでいるロシアンブルー。これは、今日の夕方のロシ子の様子なのですが、始め、アビのすけが遊んでいるのかな、なんて思ったのですが、よく見てみると、遊んでいたのはロシ子の方で、こんなロシ子の様子は久しぶりで、珍しく、ロシ子がはしゃいで遊んでいたので、撮ってしまいました。

私、ロシ子が遊んでくれていたのを見て、嬉しくなったので、ついでに録画をしてみたのですが…。
やはり、アビのすけがやって来て、ロシ子に茶々を入れていましたよ…。

アビのすけも子猫なので、遊びたい盛りで、仕方のない事だし、アビのすけとしては、ロシ子お姉と遊んで欲しいのでしょうが、ロシ子がもうちょっと、アビのすけのやんちゃぶりに慣れてくれて、アビのすけが悪い子ではないという事を、分かってもらうまで、自然の成り行きに任せる他、ないのだろうと思っているのです…。


スポンサーリンク

6 thoughts on “ロシ子ちゃん、まだアビのすけ君を警戒中ですか…?

  1. あべちゃん

    こんばんは~。
    うちもルルがきてからぴとが大人しくなったというか遠慮気味かなぁと思いましたよ。
    それをどうにかしてあげようと思ったのですが、
    ぴとのためにルルを我慢させるかルルのためにぴとを我慢させるか…って考えたら
    これからはずっと一緒に暮らしていく家族なのでもう慣れてもらうしかないと思いました(ノД`)
    ロシ子パパさんがいまやっているように、うまく時間やタイミングを見つけてそれぞれ遊ばせてあげたら大丈夫ではないでしょうか。
    アビくんはまだ来たばかりなので夜もゲージ生活で仕方ないと思いますし、
    少しずつ出してあげられるようになるといいですね!

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      あべちゃんさん、こんばんわ。この度は、コメントとアドバイスを頂きまして、有難うございます。

      ぴと君も、ルルちゃんが来てから、遠慮気味になったんですね…、でも、今は、一緒にひっ付いて、寝てくれていますので、とても参考になります。
      我が家の場合は、今は、アビのすけは子猫なので、あまり、訳も分かっていないでしょうし、晩はアビのすけに犠牲になってもらい、昼間はロシ子に我慢をしてもらっている、という感じでしょうか。
      晩は、私がロシ子と一緒に寝たい、というのもありますが、ロシ子アビのすけが、ぴと君とルルちゃんの様に、一緒に寝てくれるのであれば、それを優先したいのですが、アビのすけを解放すると、絶対、ベットに入って来て、悪戯をしまくると思いますし、その結果、ロシ子の安眠妨害になると思いますので、暫くは、ケージで寝て貰おうと思っていますが、でも、ケージから出してあげるタイミングに関しては、本当に悩んでいるのです…。

      返信
  2. ひろっス

    嬉しい反面ご苦労も絶えませんね・・・。
    ロシ子さんすっかりおねぇさんに見えます。
    でも夜のベットはロシ子さんに優先させてあげる気持ちすごくよくわかります!
    もっと2にゃんが慣れてしまったらこんな悩んだりしているもの懐かしくなるんでしょうね!

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ひろっスさん、こんばんわ。引き続き、コメントを下さいまして、有難うございます。

      そうなんですよ、本当に、気は使いますね。
      とにかく、ロシ子アビのすけが、一緒に寝てくれたり、舐め合ってくれたり、して欲しいですし、早く、懐かしみたいです。

      返信
  3. この記事のお話は我が家でも起こったことと同じで、一つ一つ頷きながら読みました。
    アビのすけ君がいないところで一人くつろぐロシ子ちゃん、わかります。
    決してアビのすけ君を嫌いというわけではないと思います。
    要するにちょっと休みたいのですよね。
    うちもステラが来たばかりの頃、ミラが時々疲れた顔で別の部屋で一休みしていました。
    でも、新入り猫のことが嫌いではないのです。
    夫婦だって親子だってずっと顔を突き合わせていると息が詰まる時があります。
    そんな感覚かもしれません。

    ロシ子ちゃんとゴム紐で遊ぼうとしたら、アビのすけ君が割り込んできてしまったという場面!
    これもわかります。
    我家も、器用に遊ぶステラに気後れするミラのために、ステラがいない時を見計らってティッシュペーパーを丸めたものを投げるなど「ミラが気に入っている遊び」を仕掛けることがありました。
    ミラが遊びに乗ってくると、そこでスナイパーの如くステラがやってくるのです。
    するとミラが“もういいわよ!!”という表情で立ち去ります。
    ロシ子ちゃんとアビのすけ君の様子がそのままミラとステラそっくりで痛いほど気持ちが伝わってきました。
    ロシ子ちゃんのちょっと寂しそうな表情、アビのすけ君の無邪気な好奇心旺盛な後ろ姿、我が家の愛猫たちとそっくりです。

    そしてロシ子ちゃん、アビのすけ君の動きを一つ一つ目で追っているのですね。
    これも、ステラが来たばかりの頃、ミラがそうでした。
    気になるのでしょうね。

    動画も見ました。
    久々に(?)夢中になって遊んでいるロシ子ちゃんの姿に私もほっとしました。
    ・・・とその次の瞬間、スナイパーのようにアビのすけ君がやってきました!!
    「これは私のオモチャよ!あんた!どこまで私の邪魔をするのよ!!いい加減にして!!」
    というロシ子ちゃんの思いつめた思いが感じられました。
    でも、アビのすけ君はまだまだ子猫だし、単に自分の気持ちに素直であるだけなのですよね。

    布団も、我家も、私の布団に入ろうとしたミラが、先に入っているステラを見て逃げ出したことがありました。
    今は、猫同士で折り合いをつけて、ステラが先に私の布団の足元に入り、それを確認したミラが枕元に寝るという形をとっています。
    お互いに顔を合わせないように工夫して寝ています(でも、朝、ストーブをつけると並んでストーブの前で温まっています)

    パパさんとしては、子猫のアビのすけ君も可愛がってやらないといけないし(実際、可愛いし)、先住猫のロシ子ちゃんのことも立てないといけないし、というところですよね。
    私の場合ですが、ミラだけの習慣があると落ち着いたようです。
    ステラが来る前から、朝刊を取りに行くときにミラを抱いて外のポストに行っていたのですが、それをやるのは必ずミラだけ!などです(ステラも玄関までついてくるのですが、ステラを外に出すのは危ないので・・・それにステラは抱っこが嫌いです)
    ステラの悔しそうな顔を見るとミラがちょっと優越感を持つようです。
    そして、それで多少のことはミラはステラに対して我慢したり譲ったりができるようになったと感じています。

    ひろっスさんが書かれたように、いつか、ロシ子ちゃんとアビのすけ君が慣れてきたら、こんなことも懐かしい思い出になると私も思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。この度も、コメントを下さいまして、有難うございます。

      さすがは、多頭飼いの先輩、私の経験している事は、何でも経験なさっていますね。
      今日の昼も、ロシ子をベットに引きずり込みましたが、アビのすけがやって来たら、即、逃げてしまいました…。
      我が家も、早く、狸さんの所の様に、私の右側と左側で、ベットの中で折り合いを付けて、寝て欲しいものです。
      そうですね、今の所、ロシ子に優越感を与えてあげられるのは、晩、寝る時だけですので、もう暫く、アビのすけには辛抱して貰って、ケージの中で寝て貰おうと思っています。

      PS.狸さんが使われている、ハンドクリーム、実は、私も、去年から使っているんです。
      私、コンタクトレンズをはめているので、猫に触る前に手を洗って、猫を触ったら手を洗って、と言う感じで、ものすごく手を洗うので、私の手も、冬場と特に、パリパリになってしまうのです。。
      このハンドクリームは、ものすごく効きますよね。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です