ロシ子の歯茎の出血 & ロシ子の体重。


ロシ子の体重測定。まずは、昨日のロシ子の体重測定の風景から…。

毎回、とってもおとなしく体重を測らせてくれるロシ子なんですが、昨日は籠の中に入ってからも、ロシ子は体をペロペロ舐めてて、なかなか体重を測らせてくれなかったんです…、でも、ロシ子はかわいいから許してあげる…。

ロシ子の体重は3.7kg台に。そして、ロシ子の体重ですが、初めて3.7kg台に突入してしまって、3,702gでした…、過去最重の体重を更新してしまいました…。
ロシ子の体重も不安です。今、アビのすけの体重が増え過ぎてるんじゃないかと、頭を悩ましている所なのですが、私的には、ロシ子の体重についても不安に思っているのです。

今日、猫の体重について、色々とネットで調べていたのですが、猫の体重って、1歳の時の体重が基本になるって事が書いてあったのですが、我が家のロシ子は、1歳の時は3.2kgだったんですよね…、あれから5kgも増えてしまったのですが、大丈夫なのかなぁー…。

本当は、私的には、もっと軽いロシ子でいて欲しいのですが、アビのすけが来てから、ストレスで真菌になってしまったロシ子ですので、抵抗力や免疫力を付ける為にも、体重は少し増やしてあげた方が良いと考えたのですが、それでも、実際の所、何が正解なのかも分からず、なんやかんや、不安なのです。
かわいいロシアンブルー。これは、昨日の昼間のロシ子ですね…、かわいい…。

私自身も気にしていて、昨日、ひろっスさん さんからもご質問を頂いたので、ロシ子の歯茎の写真を撮ろうと思ったのですが、その前に、美人さんのロシ子の写真を撮らせて頂きました。
お上品なロシアンブルー。アビのすけが向こうにちょっとだけ写っていますが、アビのすけの人懐っこくて悪戯坊主な所もとってもかわいいのですが、ロシ子のこの穏やかで上品な感じも、とってもかわいいのです。

さぁ、ロシ子、ちょっとだけ歯を見せてね…、お利口さんなロシ子は、私の言う事もしっかり聞いてくれて、いつもありがとうね…。
問題のない右側の歯茎。そして、まずは出血のない、問題のない方の右側の歯茎の写真から。
綺麗な右側の歯茎。出血も全然ないし、綺麗な歯茎をしていますよね…、ちょっとだけ、歯が黄色っぽくなっているのが気になるなぁー…。
問題のあるロシ子の左の歯茎。そして、これは問題のある、ロシ子の左側の歯茎の写真…、ちょっとボケてるなぁー…。
軽く出血してる歯茎。2本の臼歯の上の所が赤くなっているのですが、どうも接写はボケてしまう…。
ロシ子の左の歯茎の写真。時間を置いて、昨日の晩に、再度、出血してる側のロシ子の歯茎を撮ってみたら、やっと上手に撮れました。

5/12(火)にワクチン注射の為に動物病院に行って、その時にロシ子の歯茎が赤くなっている事を指摘されて、その日の晩以降、ロシ子のオーラルケアを続けているのですが、おとといの晩にも、ここから出血が見られて…。

ちなみに、1日か2日、歯ブラシでロシ子に歯磨きをしていた事もあったのですが、こんな状態で歯ブラシを使うのは、一層、歯茎を傷付けてしまうのではないかと考えて、今は綿棒に歯磨き粉を付けて、歯茎に歯磨き粉を塗っている様な感じなのですが、なかなか、このロシ子の左側の歯茎が快方に向かってくれないのです。
実際はもっと赤くなってる歯茎。写真では、それ程、赤いって感じには見えず、ピンクが濃い様に写っていますが、実際にはもっと赤く感じるのですが、私的には、カリカリをかじった時に、ここがこすれて赤くなっているのではと思っているのですが、かれこれ1か月以上、歯茎に歯磨き粉を塗り続けても治らないので、明日、動物病院に猫たちを連れて行って、先生に見て頂こうと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です