『番外編』 ロシ子、加古川マラソン、あかんかったわ…。😢


ロシ子と私のレースシューズ。これは、今日の朝6時過ぎに撮った写真ですが、私のかわいいロシ子ちゃんと、私のランニングのレースシューズ…、今日、私、初のフルマラソンを走って来ましたが、結果、残念、目標達成ならずで、自分の力のなさを思い知らされました。(涙)

昨日のマラソンで、シューズが誇りまみれになってしまったので、洗って乾かしていたのですが、今日は番外編として、私の記録として、今日のフルマラソンの事や、今日に至るまでの経緯を書かせて頂こうと思います。

西面からソンドへスピアへ。まずはこれ、フルマラソン本番の4日前、私はこの時、韓国の釜山にいたのですが、西面のホテルからジャガルチの「ソンドへスピア」というチムジルバン(日本のスパみたいな所)までランニングをした、その結果のスマホアプリのスクリーンショット。

当初、加古川マラソンの本番が12/24(日)だと勘違いをして、この日に釜山旅行を予約したのでしたが、今、思うと、何故、こんな直前に旅行の予約をしてしまったのか、自分が信じられない…。

本番の5日前から2日前まで旅行に行って、この間、全く走らないなんてやばいと思ったので、ゆっくりジョギングペースですが、釜山でも走ったのです。

西面から虚心庁まで。同じく、その翌日、フルマラソン本番の3日前、西面のホテルから、今度は東莱(トンネ)という温泉地にある、「虚心庁」というチムジルバンまで走った記録。

釜山旅行の初日と最終日は、移動で時間も取られたし、休養と言う理屈で走りませんでした。

テレビのマラソン観戦。そしてこれは、昨日の晩の事でしたが、今日のフルマラソンに向けて気持ちを上げる為に、前週(日)に開催された「防府読売マラソン」をテレビ観戦…、公務員ランナーの川内優輝選手と、箱根を沸かせた元、青山学院の一色選手との、キロ3分5〜6秒のペースでの走り…、早い…。

川内優輝。その後、33km過ぎでスパートを掛けた川内選手が、最後は独走でゴール会場へ。

サブ10ならずも凄い川内。そして、2時間10分02秒でゴール…、最後はサブ10(2時間10分切り)を目指して、歯を食いしばって走っていた川内選手でしたが、残念だったけど、本当に凄い…!

市民ランナーの私。たかだか、一市民ランナーの私ですが、こんな川内選手の頑張りを見て、翌日の初のフルマラソンを、何とかサブ3(3時間切り)を達成してやろうと、緊張感を持ちながらも、ワクワクとした期待感や高揚感も持っていたのです。

フルマラソン当日の様子。そして今日、フルマラソンの当日、神戸の自宅から車で約1時間を掛けて、会場の加古川河川敷に到着…、これは、加古川マラソンのスタート地点、及び、ゴール地点。

加古川マラソンの会場。そして、開会式が行われ、ゲストランナーの太平サブローさんや和泉修さん、招待選手の棟久由貴さんも段上に上がっておられた様ですが、私はそろそろスタート地点にいたので、見る事が出来ず。

ちなみに、マラソンのスタート時間は9時45分で、私、7時30分には現地の駐車場に着いていたのですが、そこから会場まで徒歩で30分位、掛った事もあり、また、初めての会場だったので勝手も分からず、ちょっとせわしなかった。

加古川マラソンのコース。ちなみに、加古川マラソンのコースはこんな感じ…、42.195kmって、やっぱり長い…。

いよいよスタート。そして、いよいよ、スタート直前…、前で風船を付けてる人は、3時間(サブ3)のペースランナーさん…、私のドキドキ感も高まって来て、そして号砲が鳴らされ、まずはペースランナーさんに追い着き、ペースランナーさんの真後ろで走り始めたのです。

疲労困憊の私。しかし、話はあっという間に飛びますが、結果、私、惨敗…、あかんかったです…。

これ、走り終えて30分後位の疲労困憊の私…、寒くて、フィニッシャーズタオルを首に巻き、ウィンドブレーカーを来て、会場の駐車場に向けて帰路を歩いていた所。

走り終えた時は、体力は残っていたのですが、体がボロボロ…、本番の1か月半から1ヵ月前に、30km走、3時間走、40km走を行って来たのですが、練習と本番とは全く違って、もう、ふくらはぎがパンパンで、破裂するのではって位の張り用で、走り終えた時には写真を取る事も思い浮かばず、思い付いた様にここで撮って、目にモザイクを入れて指名手配犯の様な写真…。

スマホのアプリの結果。これは、スマホのアプリが同期されたパソコンのスクリーンショットですが、私の走った履歴…、フルマラソンの結果は、正式タイムではなく、あくまでも私のスマホアプリでの結果なので誤差はありますが、約3時間15分…。

このスマホアプリのラップタイム表の通り、28km地点までは、サブ3ペースのキロ4分15秒をクリアーしていたのですが、「30kmの壁」そのもので、30km前から足の裏が痛くなり、その内にふくらはぎがパンパンに張って来て、必死に走ったら肉離れを起こしそうになり、ペースがキロ5分になり、5分30秒になり、最後は6分弱にまでなって惨敗。

35km地点で、「それが限界か…!」みたいなニュアンスのプラカードを抱えた方がコース外におられたのですが、それを見て、その通り、限界を越えなければと思って、気を入れ直して必死に走ったのですが、ラップ表を見てみたら、全然、タイムが変わってなかった…。

公式の速報値。参考までに、これは「ランネット」というサイトの、加古川マラソンの公式の私の速報値…、ハーフの21.0975km時点では、サブ3ペースきっちりの1時間29分56秒だったのですが、ハーフマラソンとフルマラソンでは次元の違うマラソンである事を、痛切に思い知らされました。(涙)

完走証。ここからは、レース後に頂いたもの…、まずはこれ、加古川マラソンの完走証…、グロスで3時間15分台、ネットで3時間14分台。

フィニッシャーズタオル。そしてこれは、今日、家に帰って来てから撮った写真ですが、完走者にのみ与えられる、フィニッシャーズタオル…、これで、日頃、風呂から上がった体なんか拭けません…、記念に大事に保管しておきます。

参加賞のTシャツ。そして、参加賞のTシャツ。

記念のTシャツ。胸には「加古川マラソン2017」の文字が。

Tシャツの全体像。そして、記念Tシャツの全体像…、当然、このTシャツも、普段、大雑把に着る事なんて出来ません…、永久保存版で、大事に保管させて頂きます。

かなり長くなりましたが、ロシ子パパの初フルマラソンの模様でした。

走り始めて約2年と3ヵ月、妥協せず、毎日、欠かさずに走って来たので、今回の記録に悔いはなく、限界ギリギリの自分の実力だと思います。

明日は、ふくらはぎの張りが酷いので、ゆっくりと5km位から、走りを再開しようと思いますが、来年は、この経験を踏まえて、ふくらはぎが張らない様なトレーニングもして、この加古川マラソンでサブ3を達成すべく、頑張ろうと思っています。


スポンサーリンク

3 thoughts on “『番外編』 ロシ子、加古川マラソン、あかんかったわ…。😢

  1. ピンバック: アビのすけのアップ出来ていなかった写真や動画、諸々...。 | アビシニアンのアビのすけブログ。

  2. ピンバック: 明日は戦い...! 今日は私、1日中、ナーバスになってました。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

  3. ピンバック: 私の備忘録...、1年で一番しんどい日...、加古川マラソンの42.195km、撃沈...。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です