私の備忘録…、1年で一番しんどい日…、加古川マラソンの42.195km、撃沈…。


iPhone20191222_08331年に1回だけのフルマラソン、1年の中で最もしんどくて我慢する1日、今日、加古川マラソンの42.195kmを走って来ました…、しんどかったぁ~…。

まずはこの写真、加古川マラソンの駐車場に着いてまずした事、それは、シューズに計測タグを付ける事…、去年は会場で計測タグを落としてしまって、探しまくって慌てまくった結果、スタート時には既に疲れていたので、今回はその様な事がない様、車から出る前に計測タグを付けました。

iPhone20191222_0856そして、駐車場から加古川マラソンのスタート地点までは約2.5km、徒歩で約30分の距離ですが、歩きながら、家でお留守番中のロシ子ちゃんの様子をチェック…、ロシ子、頑張って来るからね。

iPhone20191222_0908-1そして、フルマラソンのスタートが午前9時45分の所、約40分前の9時過ぎに到着…、ちょうど会場では開会式をしていました。

iPhone20191222_0908-2写真の中央の右側に来賓が並んでいて、3人の男性がいらっしゃいますが、女性の次、左から、吉本の大平サブローさん、和泉修さん、伝説の靴職人の三村仁司さん。

大平サブローさんと和泉修さんは、毎年、加古川マラソンに営業で花を添えておられます。

iPhone20191222_0908-3そして、スタート地点、兼、ゴール地点。

iPhone20191222_0908-41年に1回だけフルマラソンを走る、村上春樹さんのボストンマラソンの様に格好よくはないけれど、私にとっても、1年に1回の年中行事の加古川マラソン、今年は3年連続の3回目の出走です。

iPhone20191222_0908-5今回も一応、Aブロックからスタートでしたが、今回の作戦は、練習もきちんと積めていなかった事もあり、もう始めからからサブ3は狙わず、とにかく最後まで普通にイーブンペースで走る事。

去年もおととしも前半に飛ばし過ぎて、後半、ふくらはぎがパンパンになって走れなくなったので、今年は前半にセーブして、後半もふくらはぎがパンパンにならない様、足に疲労を溜めない様に走る事を目標に掲げました。

weatherそして、スタートの3分前、気温は6.6℃とフルマラソンには絶好のコンディション…、という事で、いざスタートし、始めは調子よく走っていたのですが、やはり、ふくらはぎがパンパンになって撃沈してしまいました…。

Runkeeper今回の私の速報タイム…、今回はずっとイヤホンで音楽を聴きながら走っていて、途中で電池がなくなりかけて少し誤差がありますが、結果は3時間43分台…。

今回はとにかく、歩く程の速さになっても走り続けましたが、20km前からふくらはぎが張り出して、20km過ぎから走れなくなり、ラップを見るとその通りで情けない…、なんでこうもふくらはぎが張ってしまうのか。

2年前の加古川マラソンの3時間14分や、慶州さくらマラソンの2時間57分がまるで幻の様で、でも、去年の加古川マラソンの前半からガチでサブ3を狙いに行って、後半、少し歩いたのとほぼ同じタイムで、結局、前半、飛ばそうが、ゆっくり行こうが、シューズを厚底にしようが薄底にしようが一緒で、要は私の走力がないという事でした。

今年は忙しくて、一応、毎日10km位は走っていたけど、スピードも出さずに漫然と走っていたので、これじゃあサブ3は無理だし、そこまで甘くない事をしっかりと感じました。

iPhone20191222_1538-1そして、足が棒になった状態で午後3時半過ぎに帰宅…、ロシ子ちゃんはキャットテントの中で寝ていました。

iPhone20191222_1538-2ロシ子、ただいまだよ。

iPhone20191222_1539-1そして、今回はロシ子アビのすけを隔離して、アビのすけは2階にいさせたのですが、暖房を付けてなかったから、寒くて布団の中に潜って寝ていました。

iPhone20191222_1539-2ちょっと覗いてみたら、鼻先だけが見えるアビのすけ君がいました。

とにかく、年末を締めくくる私にとっての一大イベントが終わり、今年も無事に暮れて行きそうです…、来年も走るのは間違いないので、もう1回、頑張ってサブ3を目指して練習しようと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です