昨日の2次診療の動物病院での診察…、たった3分って…。


ロシ子の8回目の通院。昨日、ロシ子を東大阪の2次診療の動物病院に連れて行って来ました…、4/14(土)以降、今回が8回目の通院で、今回は、この2週間のステロイドやネブライザーを減らして来た治療の結果を判断する為の通院で、ロシ子の肺が現状を維持できているか、あるいは、残念ながら悪化しているか、私は、今回の診察を待ちに待ってやって来たのです。

すんなりと看護師さんの健康診断。今回は正午からの予約の所、動物病院には午前11時45分頃に着き、そして、お昼の12時前には、看護師さんに呼ばれて診察室へ。

とってもスムーズな流れで、早速、ロシ子の体重を測って頂き、ロシ子の体重は3.64kg…、まぁ、期待していた程には増えてなかったのですが、それでも、体重が減っていなかった事にホッ。

ロシ子の健康診断。引き続き、ロシ子の呼吸数や脈拍や体温を測って頂きましたが、私が最も気にしていたのが呼吸数(Respiration rate)で、今回も1分間に72回…、健康な猫ちゃんは1分間に20~30回、病院に来てちょっと興奮しているからと言っても、72回はいくら何でも多過ぎる…。(涙)

看護師さんからは、ロシ子が寝ている時の呼吸数も測ってみて下さいとアドバイスを頂き、昨晩は測るのを忘れてしまったので、今晩、測らなくては…、ちなみに、今、ゆっくりと寛いでいるロシ子の呼吸数を測ったら、59回でやっぱり多い…。(涙)

でも、口を開けて、はぁーはぁーしている事はなく、口は閉じて鼻で呼吸をしてくれているので、まだ、不幸中の幸いか…。

待合いでのロシ子ちゃん。そして、看護師さんによる健康診断とロシ子の状況のヒアリングにお答えし、一旦、診察室を後にして待合いへ…、実は、今回は、この後の待ちが長かった…。

ロシ子と診察室へ。待つ事、何と約1時間半…、ようやっと看護師さんに名前を呼ばれ、診察室に入り、間もなく来られるであろう先生に、レントゲンを撮って貰う為、ロシ子を引き渡す準備と思って、キャリーの中を覗いてみたら、ロシ子が嫌々をして、こっちを向いてくれなくて…。(汗)

緊張のロシ子ちゃん。ようやく、こっちを向いてくれたロシ子ちゃん、そして、数分が経って、先生が診察室に入って来られたのですが、看護師さんからの問診票に目を通され、あっさり、状況が悪化に向かっていないので、次から、主治医の先生にお返しします、みたいな事をいきなり言われ、正味、3分も掛からずに診察が終了…、私は心の中で唖然…。
(私、毎回、先生の言葉を聞き漏らさない為に、スマホのボイスレコーダーで会話を録音しているのですが、先生が診察室に入って来られ、「お大事に。」って言われるまで、正味、3分弱でした。)

レントゲンは撮らないの…? 聴診器でロシ子の肺の音は聞いてくれないの…? って言うか、その前に、ロシ子をキャリーから出して、ロシ子の顔すら見ないの…? 頭の中が無数の?マークだらけになりながら、私は診察室を後にしたのです。

お昼の12時に予約を取りながら、1時間半も待たせておいて、それじゃ、予約の意味ないじゃん、いくら何でも待たせ過ぎでしょ…、でも、他の重篤な患者さんの診察だったかもしれないので、100歩譲って待たされたとしても、前回、先生の方から、レントゲンでロシ子の肺の状況をチェックする旨、言っておきながら、3分で診察が終わるって、なんじゃ、それって感じ…。

待合いで悶々としながら考えていたのですが、やはり、折角、東大阪まで2次診療の動物病院に来たのだからと、受付に行って、レントゲンを撮ってくれと言いに行った所、一応、先生に聞きに行って下さったのですが、主治医の先生に、2週間後にレントゲンを撮って頂く様、報告書に書いておきますから、との伝言が。

一旦、こちらでの診察が終了。動物病院への往復で2時間以上、待ち時間が1時間半、それで、私にとって最も大事な診察は、ロシ子の顔すらも見ずの3分って、せめて、聴診器でロシ子の肺の音くらい、聞いてくれよ…、町の動物病院よりも格段に高い2,000円もの再診料を払ってるんだから…。(お金の問題ではありませんが、つい、恨み節も出てしまいます。)

一旦、今回がこちらでの最後の診察になりましたが、何とも気分の悪い、何とも後味の悪い診察になってしまいました。

帰りの車の中のロシ子ちゃん。そして、帰りの車の中でのロシ子ちゃん…、今回は、今まで程には鳴かずに、おとなしく、私の太ももの上に座ってくれていたロシ子だったのですが…。

最後は我儘なロシ子ちゃん。やはり、最終的には、ウロウロと、助手席や後ろの席に行きたがったので、ロシ子ちゃん、ごめんさない、キャリーの中に入って頂きました…、でも、活動的な事は有難い事だよ、ペロっ…。(笑)

今回のロシ子の薬。そして、今回、動物病院から貰って来た薬がこれ…、って言うか、前回、気管支拡張剤のブリカニールは、今回は切るって言ってなかった…? そして、ステロイドに関しては、感染症が怖いし、症状をぶり返させない為に、ずっと飲ませて行く必要ありとの事で、プレドニゾロン1/4錠を1日おきにまで落としたい、つまり、これって、ずっと飲ませ続けて行くって事じゃないの…?

今回は眼鏡を掛けておられたので(いつもはコンタクトレンズなんだろうと思います。)、2日酔いか、サッカーの見過ぎか、あるいは、仕事で徹夜になったのかは知りませんが、薬を受け取った時は、ここまで考えが及びませんでしたが、考えれば考える程、これって、適当な診察じゃないのか…。(前回の診察の時のお話の内容も、全て、ボイスレコーダーで録音してあります。)

投薬、ネブライザーを間違わない為に。そして、ネブライザーは、2日に1回か、週に2回はした方が良いとの事だったので、今回も、したか、していないか、混乱しない様に、薬の袋にスケジュールを書いておきました。

前回の投薬の記録。ついでに、これは、前回の薬のロシ子への投薬の記録。

前回のステロイドの服用に記録。ステロイドのプレドニゾロンの投薬に関しては、前々回の時のこの分から引き継いでいます…、一応、ロシ子にどの様な投薬を続けて来たか、こんな感じで記録してアップしておけば、後々、振り返る事が出来るだろうと、毎回、アップさせて頂いております。

そして、長くなりましたが、最後に動画を2本…、まずは、昨日、動物病院に行く前の直近のロシ子の咳のモニタリングの動画。

おとといの深夜(6/24(日)のAM0時)から昨日の朝8時までの間、先生にお伝えする為に、ロシ子が何回、咳をするか、Webカメラで録画しておいたのですが、一晩で10回位、咳をしてしまってた…。(涙)

この事は、看護師さんからのヒアリングの時にお伝えさせて頂き、先生にも伝わっていたと思うのですが、その上で、レントゲンも撮らない、ステロイドの処方もなしのあんな診察だったのか…?(今回、この2ヶ月間のこちらの診察で、25万円位、払ってて、まぁ、お金の話は置いておいても、真剣にロシ子の事を診て欲しいと思っているのに、最後がこれでは残念過ぎます。)

そしてこれは、今朝5時過ぎのロシ子ちゃんの咳…、と言うか、昨晩も、夜中の2時か3時位から、ロシ子、ずっとこの場所で咳をしていて、その都度、私、ロシ子の元に歩み寄り、撫で撫でして、頑張れって声を掛けていて、私はとっても寝不足なのですが、でも、ロシ子はもっと寝れてないだろうし…。

ロシ子の食欲は、ガツガツではないですが、それでも、食い付きは悪くはないので、総体的には元気だとは思っていますが、2次診療の動物病院の先生からは、2週間分の気管支拡張剤と共に、2週間後に主治医の動物病院でレントゲンを撮る様にとの事でしたが、私が待ち切れないので、神戸の主治医の動物病院に電話をして、今週の(金)に予約を取らせて頂きました。(明日から(木)まで、私が動けないので、動ける直近の6/29(金)で予約を取りました。)

今日のブログは、読んで頂いている方にも、とても気分の悪い思いをさせてしまったかも知れません…、申し訳なく思いますが、どうか、お許し下さい…。


スポンサーリンク

昨日の2次診療の動物病院での診察…、たった3分って…。」への4件のフィードバック

  1. テツマル

    テツマルです、おはようございます。
    …納得いかないですね。僕も熱心な頼もしい先生と思ってたのに。こんなこと言うと失礼かと思いますがロシコちゃんの症状が見た事ないから手の打ちようがないんかなって思ってしまいます。今回予定されてたレントゲンの結果、僕も良い方向に向かって欲しいと祈ってましたが、まさか撮る事もしないとは…
    残念です。
    ロシコちゃん、ジャンプはしてるようですけど走ったりします?あびのすけ君と追いかけっことかします?ウチのムニコは1分間に20回の呼吸でした。3倍の呼吸って…考えると僕も心痛くなります。
    実は最近、近くの神社に行ってムニコの尿結石が治りますように。ロシコちゃんの呼吸が楽になりますようにって祈ってます。土曜か日曜だけですけど。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      テツマルさん、こんにちわ。昨日は、コメントを頂いておりまして、有難うございます。

      はい、今までは、とても丁寧な対応をして頂いておりましただけに、今回に限っては、私もかなり残念でした。
      CT検査や気管支内視鏡検査までしたのですが、喘息や気管支炎ではないだろうとの所見で、肺の悪い部分の組織の検査をしなければ、最終の確定診断も頂けない様な感じで、辛いです。
      猫の病気は、解明されていない事も多いらしいので、仕方がないのですが、ロシ子は変わらず、頻繁に咳をしておりますので、今後、どうして行ったら良いのか、本当に悲しいです。
      ロシ子は見ているだけでも呼吸数が酷い位に多く、本当に可哀想です。
      神社で、ロシ子の事まで祈って下さいまして、本当に、感謝申し上げます。

      返信
  2. なかい

    はじめまして。うちの子も今、かかりつけ医から、この病院を紹介されそうな感じで…。いろいろ検索してこちらにたどり着きましたが、あまりに心無い診療で、読んでいてロシ子ママさんの怒りが伝わってきました。
    医療、特に動物さんの場合は、触れて、音聴いて、専門の目で見てナンボだと思うんです。
    どんなに高度な設備や知識があっても心の無い診療をされるなら…。ちょっと考え直さなくちゃと思いました。
    うちの子(ぷんちゃん)は高齢だし、すごく気の弱い子なんで、絶食絶水した上に長時間耐えられないだろうし、心無い診療って、動物にもおのずと伝わっちゃうだろうし…。
    これから、紹介される(多分行かない)私共にとってはとても参考になりました。
    他院を探してみます。ありがとうございました!!

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      なかいさん、初めまして。この度は、ロシ子のブログをご覧頂き、コメントを下さいまして、有難うございます。

      今回のブログは、ちょっと、私が腹立ち紛れに書いてしまいましたので、今回の診察の件に関しては、書いた通りの私の感情なのですが、しかし、こちらには、2ヶ月の間に8回も通わせて頂きましたが、他の時は、親切にご対応頂けたと思っております。
      また、こちらの看護師さんは、とても気配りの出来る方ばかりで、100%、満足をしておりますし、、先生に関しても、今回の診察以外は、本当に納得しておりますので、なかいさんに誤解を頂く様な事がありましたら、その点に関しまして、お詫び申し上げます。

      我が家のロシ子の場合は、レントゲンで主治医の判断の出来ない様な影が写りましたので、2次診療の動物病院をご紹介頂きました。
      町の動物病院では、CT検査や気管支の内視鏡検査をして頂く精密検査機械がない事が多いので、こちらの2次診療の動物病院に行くしかありませんでした。
      猫の病気に関しては、解明されていない事が多い様で、今回、8回、通院させて頂きましたが、精密検査をしましたが、先生も経験した事のない症例との事で確定診断が得られず、前回の診察では、今後、確定診断が付かない中、どの様にロシ子の治療をして行けば良いかをお話させて頂きたかったのですが、それが出来なかったので、かなり残念だったのです。
      ぷんちゃんも気の弱い子なんですね、心配ですよね。(涙)
      ぷんちゃんの病状を存じ上げませんので、何も申し上げる事は出来ませんが、是非、お大事になさって下さいね。

      ちなみに私は、ロシ子ママではなく、ロシ子パパでございます。(笑)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です