体重が激減…、昨晩から今朝に掛けてのロシ子ちゃん…。(涙)


昨晩、ほんの少し食べたロシ子。今日は、ロシ子を主治医の先生のいるリバティ神戸動物病院に連れて行き、その足で、大阪のテルコムさんの事務所まで酸素室を取りに行き、今日からロシ子に酸素室に入って貰ってと、書く事が一杯あるのですが、その前に、昨晩から今朝に掛けてのロシ子の様子をアップさせて頂きます。

これは、昨晩の10時35分…、この日、ロシ子は、朝ご飯はほんの少しだけ、昼ご飯と晩ご飯は全く食べず、この時間、ふらっとご飯の場所にやって来て、晩ご飯を食べ始めてくれたのです。

頑張って食べるんだ!私は、食べたいと言う気持ちはあるんだと、ロシ子がここに来てくれた事自体がとっても嬉しくて、こそっとロシ子を見ながら、ロシ子がたくさん食べてくれる様、心の中で祈っていたのです。

少ししか食べなかったロシ子。しかし、ロシ子、ほんの少ししか食べず、多分、カリカリを数粒しか食べずに、また、隣の部屋のマッサージチェアーの向こうに消えて行ったのです。

深夜0時のロシ子ちゃん。そしてこれは、深夜0時ちょうどに撮った写真ですが、そろそろ私、寝ようかと、ベットに向かって振り向いたら、ロシ子がここで横たわっていて。

ロシ子、大丈夫かい...。ロシ子、大丈夫かい…。 私はロシ子の元に歩み寄り、暫く、ロシ子と添い寝をしてあげたのですが、ロシ子はやっぱりツンデレのロシアンブルーちゃんで、すぐにテレビ台の籠れる場所に消えて行って…。

その後、電気を消して就寝したのですが、昨晩も、ロシ子の息苦しそうな呼吸音が、一晩中、聞こえて来て、何もしてあげる事が出来ない私は、ロシ子の苦しそうな呼吸音を聞くのが辛く、その音が聞こえない様、頭から掛け布団を被ったのです…。

今朝8時半のロシ子ちゃん。そして、今朝も私は朝5時に起きたのですが、普段なら、すぐに1階に下りて来るロシ子が、全く1階に下りて来ず…、アビのすけはすぐに下りて来たので、1階で体重を測ったのですが、しんどいロシ子を起こしてまで、体重を測れる訳もなく、ロシ子には、出来るだけゆっくりと休んで貰える様にと、2階に放置しておいたのです。

そして、今朝も私、6時半過ぎから走りに行ったのですが、先述の通り、今日はする事が多かったので、いつもの(水)の様にのんびりとロング走に出る気にはなれず、いつもの住吉川の河川敷コースを少しだけ多く走り、約17kmを1時間半弱で家に戻り、シャワーを浴び、2階に上がってみると、この写真、朝8時半前の事でしたが、ロシ子は朝5時の時のまま、ここにいて…。

おそらくロシ子、昨晩もほとんど寝れていなかったと思う…、本当に可哀想なロシ子…。

ロシ子の体重が激減。この後、暫くして、ロシ子、1階に下りて来てくれたので、そのタイミングで、1階でロシ子の体重を測ったのですが、ロシ子をケージに入れて体重計の表示を見ると、何と、ロシ子の体重が激減していて、私は頭が真っ白になってしまったのです…。

今日のロシ子の体重は3,318g。今日のロシ子の体重は3,318gで、これは本当にやばい…、いくら何でも減り過ぎだよ…。(涙)

先週の体重測定の様子。ちなみにこれ、アップ出来ていなかったのですが、1週間前の8/1(水)のロシ子の体重測定の様子。

ロシ子の体重は3,467gだった。先週のロシ子の体重は3,467gで、ロシ子、この1週間で体重が150gも減ってしまって、いくら何でも、これは絶対に減り過ぎだよ…。

咳をしていても、息苦しそうに呼吸をしていても、ご飯さえ、しっかりと食べてくれて、体重を維持してくれているのなら、まだ安心は出来るのですが、ご飯を食べてくれないのが一番辛い…。

今日のロシ子の朝ご飯の風景。その後、一応、ロシ子に朝ご飯を出してあげたのですが、案の定、ほぼ食べてくれなかった…。

可哀想なロシ子ちゃん。今日、主治医のリバティ神戸動物病院さんに行く予約を入れておいて、本当に良かった…、今日の朝一番にテルコムさんに電話を入れて、今日の昼一番に酸素室を取りに行く予約をしておいて、本当に良かった…、この時、私はそんな風に思いながら、ロシ子がご飯を食べてくれない様子を、意気消沈しながら見ていたのです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です