ロシ子の喘息の咳のセカンドオピニオン。Vol.1


ロシ子の体重測定。昨日のお昼前に、ロシ子を動物病院に連れて行って来ました…、今日と明日の2回に分けて、その模様をアップさせて頂こうと思いますが、まずは、昨日の朝、1日遅れのロシ子の体重測定の様子から。

これは、体重を測り終えた後のロシ子の様子ですが、すぐに籠から出る事もなく、おっとり、穏やかに体重を測らせてくれました。

ロシ子の体重測定の様子。そして、そのロシ子の体重測定の様子。

ロシ子の体重は3,691g。昨日の朝のロシ子の体重は、3,691gでした。

たくさんは増えていませんが、少しずつ、少しずつ、増えている感じなので、来週位には、3.7kg台に乗るかも…、とにかく、健康でいてよ、ロシ子ちゃん。(笑)

出発前のロシ子ちゃん。そして、午前11時頃、そろそろロシ子を動物病院に連れて行こうと、緊張しているロシ子の写真を撮ろうと思ったのですが、私が普段のペースで近付いたので、ロシ子、普通の表情…。

この後、キャリーを持って来て、ロシ子をキャリーに入れようとしてら、「にゃー」ってひと鳴き、頑張って抵抗をしていたロシ子だったのです。(笑)

車の中のロシ子ちゃん。その後、車で動物病院に向かったのですが、車中のロシ子、キャリーの奥の方に行ってしまって、全くお顔を見せてくれなかった…、ちょっとすねていたのかな…。

ますだ動物病院。そして今回も、と言っても、アビのすけは2回ほどお邪魔してますが、ロシ子は今回が初めてだったのですが、我が家から車で5分位の場所にある、ますだ動物病院さんにお伺いさせて頂きました。

こちらの院長先生は、東京大学をご卒業なさり、その後、武田薬品に15年程、お勤めなさった後に、動物病院を開業なさったと言う、ちょっと変わった経歴の動物病院さん。

ロシ子のステロイド治療やネブライザーの事で色々と考えている時に、こちらの動物病院をネットで見つけて、東大卒なら、とにかく頭が良いだろうと、そして、武田薬品に勤めておられたのなら、ステロイドをはじめ、薬にはとってもお詳しいだろうと思って、興味を持たせて頂いたのです。

ますだ動物病院。そして、それだけの高い経歴をお持ちの先生だと、プライドの高い方かと思いきや、アビのすけを診て頂いた時にも、それはそれは親切な対応をして頂いて…、と言う事で、今後、出来れば、ますだ動物病院さんに、我が家の猫たちのかかりつけ医になって頂きたいと、この様に思っているのです。

ロシ子には初めての動物病院。そして、待合室でおとなしく待っていたロシ子ちゃん…、ロシ子はこちらの動物病院さんは始めてだったので、ちょっとだけ緊張していたのかな…、今日はここまで、明日に続きます。(笑)


スポンサーリンク

ロシ子の喘息の咳のセカンドオピニオン。Vol.1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ますだ動物病院にて、ロシ子の喘息のセカンドオピニオンを。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です