H31.3.6(水)、ロシ子に大変な事が起こったその日。Vol.2


iPhone20190312まずは、今日もかわいいロシ子の写真から…、今日は私、忙しくって、ロシ子の写真が撮れず、これは、4日前のロシ子になりますが、酸素ハウスの中でお利口さんにしていたロシ子ちゃん。

最近も、サルタノールが切れると、痰が絡みまくって呼吸がしんどくなってしまうロシ子ですが、食欲は良い感じで、一時の最悪の状況からは脱して、私からも不安な気持ちが消えつつあります。

この時の動画…、大した動画ではありませんが、ちょっと揺れていると言うか、軽く肩で息をしていたロシ子…、この痰の絡みと言うか、息苦しさを取ってあげたいのですが、おそらくこれは肺の病気から来る気道内分泌物のせいだろうから、どうにも出来ないのです。

1-2_20190306_103323さて、昨日のブログからの続きですが、早速ですが、これ、3/6(水)に撮ったロシ子のレントゲン写真…、私、このレントゲン写真を見て、唖然としてしまいました…、酷い…。

今日のレントゲン写真の写真は、全て、クリックすると別窓で大きく開きます。

0_20190306_104428これは参考の写真になりますが、こちらのネクスト動物病院に通い始めた2017年1月22日に撮ったレントゲン写真で、2年ちょっと前のレントゲン写真ですが、この時は、心臓の後方の肺の霧も薄かったのですが…。

2_20190306_104636この時のレントゲン写真は、心臓の後方の霞(かすみ)と言うか霧が、心臓よりも濃く写ってしまっていて…。

3_20190306_103423動物病院の先生も、今回の先生は若い先生で、自らも経験が少ない旨をおっしゃっていましたが、それにしても、ここまで酷いレントゲン写真は見た事がないと…。

しかし、その肺の酷い状況を見て私が気になったのは、この約1ヶ月半前の1/19(土)に「Animal Clinic どんぐりの森」で撮ったレントゲン写真と比較にならない位に肺の状況が酷くなっていた事。

4_20190306_103603これは、反対側から撮ったレントゲン写真。

5_20190306_104650酷い…、この1ヶ月半で何でこんなに酷くなってしまったのか…。

6_20190306_103617先生とのお話の中で思い浮かんだのが、ロシ子が10日間か2週間位、深夜の2時、3時に毎日の様に嘔吐していた事…、この1ヶ月半で考えられる事はこれ位で、この時に誤嚥性の肺炎を起こしていたのかも知れない…。

7_20190306_103453下から撮ったレントゲン写真。

ロシ子が吐いていた頃、日中ではなく、深夜の2時、3時の嘔吐が続いたものだから、私は毎日の様に深夜に叩き起こされ、イラっとしてしまっていたのですが、もし、あの時に肺炎を引き起こし、肺がこんな状態になってしまったのなら、私は本当に酷い事をしてしまった…。

8_20190306_104749しかし、先生にも「Animal Clinic どんぐりの森」でのレントゲン写真を見て頂いた所、この1ヶ月半で急激に悪くなったのだったら、急性の肺炎が考えられるから、処置によったら快方に向かう可能性もあるとの事で、この日、私は少し希望の光が見えた様で、ちょっとだけ明るい気持ちで動物病院を後にしたのです。

20190306_124237これは、その時にネクスト動物医療センターさんから頂いて来た、その希望の光を現実のものにする為の薬、2種類の抗生剤。

20190306_124336右側が「ビクタス(10)」で1日1回を1週間、左側が「アモキクリア錠」で1/2錠を1日2回…、とにかく、ロシ子の肺を何とかしてあげる為には、この時にはこれしかできる事はなかったので、これに賭けるしかなく、希望を持って飲ませ始めたのです。


スポンサーリンク

4 thoughts on “H31.3.6(水)、ロシ子に大変な事が起こったその日。Vol.2

  1. ブルー

    おはようございます。
    久しぶりに可愛いロシ子ちゃんの写真を見れてとても癒されました。
    ロシ子ちゃんの今回の症状が誤嚥性の肺炎ではないとしたら、間質性肺炎の急性増悪ではないかと思いました。
    猫にこの病気があるのかは分かりませんが、とても症状が似ている気がします。
    ロシ子ちゃんが少しでも苦しくない状態が長く続いてくれますように

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんにちわ。コメントを有難うございます。

      ロシ子の食欲が良好で、私も本当のホッとしています。
      しかし、痰の絡みは相変わらず酷く、心配しています。
      「間質性肺炎の急性増悪」という言葉を初めて聞きましたが、ちょっと調べさせて頂こうと思います。
      有難うございます。(笑)

      返信
  2. ブルー

    こんばんは。
    私も身内が発症するまで知らない病気でした。
    検索すると怖いことばかり書いておりビックリすると思いますが、大丈夫です、私の身内は急性増悪から生還し何年も過ごしております。
    ロシ子ちゃんは嘔吐が2週間も続いてましたので、パパさんの予想通り誤嚥性肺炎の可能性の方が高い気がします。治療により改善するとのことなので安心ですね。
    驚かせてしまいましたら申し訳ありません、参考程度にして頂けましたら幸いです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ブルーさん、こんにちわ。コメントを有難うございます。
      ご丁寧に有難うございます。

      猫の病気は、悲しい事に解明されていない事が多い様で、人間だったら処置できる様な事も、猫にはしてあげる事ができず、病気の猫を抱える身としては、本当に辛いです。
      また、ロシ子が呼吸困難に陥ってしまったらと考えると、なかなか不安は拭えません…。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です