ロシ子、動物病院でレントゲンと血液検査をして貰いました。【前編】


iPhone20191116_1005-1これ、昨日の午前10時05分のロシ子ちゃん…、昨日は、午前10時30分から動物病院の予約を取っていたので、そろそろ行こうかとロシ子を迎えに行ったら、ロシ子、固まっていました。(笑)

iPhone20191116_1005-2私がズボンをはき替えただけで、雰囲気がいつもと違うのを感じて、どっかに連れて行かれると勘づいたみたい。

iPhone20191116_1019そして、10時10分に家を出て、5分位で、あっという間に動物病院から3番目に近いタイムズ駐車場に到着。

ここは広いので、間違いなく空きがあるし、co-opで買物をすれば、1時間、無料になるので、確か前回からここに停めています。

iPhone20191116_1021そして、徒歩2分で、最近、お世話になっている、2次診療の動物病院時代にお世話になっていた、呼吸器専門の先生が外来でいらっしゃる「神戸ピア動物病院」に到着しました。

iPhone20191116_1025早速、中に入って受付をしましたが、今回はとても空いていた。(笑)

iPhone20191116_1030-1そして、予約時間の午前10時30分ちょうどに先生に呼ばれ、診察室に…、今回はレントゲン写真を撮って頂こうと先生にお話をすると、先生も今回はレントゲンを撮ろうと思っていた様で。

まずは、こちらの動物病院に初めて来た時、つまり、約8ヵ月ぶりに2次診療の動物病院で診て頂いてた呼吸器専門の先生と再会した、約4ヶ月前の7/27(土)に撮って貰ったレントゲン写真を、久しぶりに見せて頂きました。

iPhone20191116_1030-2肺の部分に白い靄がかかってますが、この時は、それでも、2次診療時代と比べても状況は酷くなっていないと、まずは安心したんだったと思う。

iPhone20191116_1030-3もう1枚、下からのロシ子のレントゲン写真。

そして今回は、ビべスピを始めた事だしという事で、先生から血液検査の提案も受けたので、是非、お願いしますとお願いをしました。

iPhone20191116_1039そして、ロシ子にエリザベスカラーをつけるお手伝いをしたのですが、こんなにめっちゃ瞳孔が開いていたんだね…、怖かったんだね…。(涙)

iPhone20191116_1041そして、私は一旦、待合室で待っていたのですが、レントゲン写真を撮影後、程なく先生から呼ばれて、今度はロシ子の採血のお手伝いを。

私がロシ子の上半身や手を押さえて、もう一人、女性の先生がロシ子の下半身と足を押さえ、担当の先生がロシ子の足に注射針を刺して血を抜いたのですが、この時、ロシ子が痛がって強烈な鳴き声で鳴くのを目の当たりにして…。

今まで、色々な動物病院でレントゲンとか血液検査をして貰ってる時に、奥からロシ子の強烈な鳴き声が聞こえて来て、一体、何をされてるんだと、無茶な事をされているのではないかと、私は腹立たしく思ってたのですが、こういう事だったのか…。

iPhone20191116_1042-1そして、採血が終わって、女性の先生が止血の為に注射針を刺していた部分のロシ子の足を圧迫。

それにしても、先生が注射針のピストンを少しずつ引く度に、ロシ子がギャーってそれはそれは酷く大騒ぎで鳴いて、私はロシ子の上半身を押さえていたので、その鳴き声をもろに聞いてしまって、ロシ子がかなり可哀そうでした…。

iPhone20191116_1042-2そして、担当の先生がロシ子の足を手で圧迫して、止血も完了。

それにしても、ロシ子が毎回、動物病院来る度に不機嫌になって、ご立腹になっていた理由がよく分かった…。

この採血の時の痛さがトラウマになって、動物病院に来たら痛い事をされるっていう記憶になって、それで毎回、カンカンになって怒っていたんだな…、家で、私が迎えに行っただけで固まっていたんだな…、可哀そうに…。 明日に続く。


スポンサーリンク

1 thought on “ロシ子、動物病院でレントゲンと血液検査をして貰いました。【前編】

  1. ピンバック: 動物病院に行った日、ロシ子にご褒美をあげたんだった。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です