カテゴリー別アーカイブ: ロシアンブルーのロシ子のステロイド治療

気管支拡張剤の増量、諸々から1週間、最近のロシ子の咳の状況。

やりたい放題のロシ子ちゃん。前回、7/29(日)に、ロシ子を東大阪の2次診療の動物病院に連れて行ってから、昨日で1週間…、気管支拡張剤のブリカニール1/6錠を、1日2回から1日3回に増量し、再び、ステロイドのプレドニゾロンを2日に1回、抗生剤のアジスロマイシンを1日1回、飲ませ始め、新たな治療に取り組んで1週間、今日は、最近のロシ子の咳の状況をアップさせて頂こうと思います。

その前に、ちょっとだけ前のロシ子ちゃんから…、これは10日ほど前、7/27(金)の午前10時頃のロシ子ちゃん…、最近はロシ子ちゃん、私のデスクの上で、ゆっくりと横たわるだけでは収まらず、こんな感じで、やりたい放題のロシ子ちゃん。(笑)

続きを読む

ロシ子を2次診療の病院に。- 先生の診察・レントゲン編 -

レントゲン写真。昨日のブログからの続きです…、昨日、お昼の12時からの予約の所、午前11時35分頃に動物病院に到着し、その後、スムーズに、午前11時50分過ぎから、看護師さんによる健康診断…、その後、約1時間、お待ちし、先生に呼ばれ、まずは、ロシ子を先生にお預けしてレントゲン写真を。

そして、病院に到着してから約2時間後の午後1時30分頃から、ようやっと先生とお話をさせて頂きました…、2時間位の待ちなんか、屁の河童だい…!(笑)

※ お断り: 今日のブログは、先生のレントゲン写真を見ての所見や、その他、私の質問事項に対しての回答も記載させて頂きますので、文章がめっちゃ多めです。

続きを読む

CT検査、気管支鏡検査前後の、ロシ子のレントゲン写真のまとめ。

20180411-X-ray-1今日は、私の備忘録として、また、今後、ロシ子のレントゲン写真を撮る時に、すぐに比較が出来る様、この約2ヶ月半の間のロシ子のレントゲン写真を、まとめてアップさせて頂きます。

リバティ神戸動物病院にて、2次診療の動物病院を紹介された平成30年4月11日(水)のレントゲン写真から、CT検査、気管支内視鏡検査を経て、ステロイドやネブライザーで治療をし、一旦、2次診療の近畿動物医療研修センター附属動物病院の治療を終え、主治医の動物病院にて、確認のレントゲン写真を撮った平成30年6月29日までのレントゲン写真の記録です。
(この記事でアップする写真は、全て、クリックすると、別窓で開く様にしています。)

まずはこれ、平成30年4月11日(水)、神戸のリバティ神戸動物病院で撮ったレントゲン写真の1枚目…、合計で4枚、撮って頂きましたが、息を吸った時のレントゲン写真か、息を吐いた時のレントゲン写真かは聞いておりませんので、取り敢えず、4枚、アップさせて頂きます。

続きを読む

お~い、ロシ子さ~ん…、ちょっと邪魔なんですけど…。(汗)

早速でしたが、明日、ロシ子を、2週間ぶりに東大阪の2次診療の動物病院に連れて行きますので、まずは、最近のロシ子の咳の動画をアップさせて頂きました。

この日の前日の6/20(水)から、ステロイドのプレドニゾロン1/4錠を、1日1回から2日に1回に減らし始め、つまり、前日はステロイドを飲まさず、ネブライザーもせずで迎えたこの日のこの咳…、私の気分的には、咳が酷くなってるんじゃないのって感じなのですが、でも、実際は、ステロイドを減らしても、ネブライザーを減らしても、状況はそれ程には変わっておらず、とても悪いままです。

昨日の夜中(今日の未明)も、ロシ子、1時間に1~2回は咳をしていて、この点で考えると、咳は酷くなっている様な気もするのですが、しかし、今日のお昼ご飯までの午前中は、ロシ子、1階の私の仕事部屋で過ごしていたのですが、咳はせず…、夕方になると、また、頻繁に咳をし始めて、何が原因で咳をしたりしなかったりなのか、全く分かりません…。

明日は、この2週間のステロイドやネブライザーを減じて来ての治療の結果、ロシ子の肺の状況、白い靄(もや)にどの様な変化があるか、レントゲン写真を撮って診断して頂き、今後の治療方針を決めて行く予定です。

続きを読む

臨床症状コントロールの為の治療と投薬、1週間が経過。

最近はここにいるロシ子ちゃん。先週の(日)に東大阪の2次診療の動物病院に行き、ロシ子の精密検査の結果をお聞きし、ロシ子の肺の固定化された病変については完治は難しく、臨床症状をコントロールをしていく為の治療・投薬、つまり、病気と上手に付き合って行く為の治療を開始して昨日で1週間、溜まっているロシ子の写真のアップを中断させて頂き、現在のロシ子の状況を、動画9本と共に、私の記録としてアップさせて頂きます。

まずこれは、今日の午後1時過ぎのロシ子ちゃん…、調子の良い時のロシ子は、昨日のブログの通り、部屋全体を見渡せる、ソファーの背もたれの部分で寛いでいる事が多いのですが、最近のロシ子は、部屋のこんな角っこにいる事が多く、やっぱり、調子が悪いのかなぁ~、と言うか、ハッキリ言って、ロシ子の体調は全く芳しくなく、頻繁に咳をしてしまっています。(涙)

それでは、4日前、今週の(水)のロシ子ちゃんの様子から。(動画:0分44秒)

続きを読む

今後のロシ子の投薬・治療の方向性 & ロシ子の昨日、今日。

帰りの車のロシ子ちゃん。昨日のこのロシ子のブログでは、おととい、2次診療の東大阪の動物病院にてお聞きして来た、ロシ子の精密検査の結果を簡単にアップさせて頂きました…、今日のブログでは、その検査結果を踏まえて、先生からご意見、ご提案頂いた、今後のロシ子の治療・投薬の方向性に関して、書かせて頂こうと思います。

まずはこれ、おととい、動物病院からの帰りしの車の中でのロシ子ちゃん…、ロシ子はとっても穏やかなロシアンブルーの女の子で、この時も、甘えん坊さんに鳴いていただけなのですが、瞬間的には、こんなに怖い顔になるんですね…、ごめん、ごめん、こんな顔の写真を撮ってしまって、ロシ子ちゃん…。

続きを読む

ロシ子の検査結果、そして、今後のロシ子の治療プラン。

肺胞洗浄液検査結果。早速ですが、昨日、2次診療の東大阪の動物病院にて、ロシ子の精密検査の結果をお聞きして来ましたので、その内容をアップさせて頂こうと思います…、先生からは、大変、詳しく、お話を聞いてまいりまして、その内容に関しては、ほぼ、90%以上は私は理解できているのですが、ここに全てを書き尽くす事は出来ません…、ちょっと難しいお話になりますが、ざっくり、アップさせて頂こうと思います。

まずこれは、ロシ子の気管支肺胞洗浄液の細胞検査の結果表(クリックで別窓で開きます。)…、大事なポイントは、先生が赤ペンで囲ったり、下線を引いて下さっていますが、ざっくり、この検査の結果を言わせて頂きますと、ロシ子の肺の中の細胞からは、炎症や腫瘍性脂肪、感染性微生物の出現は認められない、つまり、現段階においては、軽度の炎症は認められるものの、炎症も起こしていないし、腫瘍、ガンでもないし、感染症にも掛かっていないとの事でした。

続きを読む