ロシ子の痰の絡みを抑える為の新兵器を入手して来たお話。


animal clinic どんぐりの森。さて、新年も2日目になり、全く普段と変わらない毎日を過ごしている飼主ですが、元旦も終わりましたので、貯まっている去年のロシ子の写真を時系列的にアップして行こうと思います。

まずはこれ、12日も前の事になりますが、去年の12/21(金)の確か午前中、我が家から車で10分も掛からない所にある、Animal Clinic どんぐりの森さんに行って来た写真。

ロシ子の為のアドエア。何をしに行って来たかと言いますと、これ、家に戻って来てから撮った写真ですが、ロシ子の病気を良くする為の新しい武器の「アドエア」!

エアロキャットでの気管支拡張剤、サルタノールの吸引は、効かない時もあるのですが、効く時はめっちゃ効いて、ロシ子の痰の絡みがなくなり、呼吸が楽になる為、今やもう、ロシ子には欠かせない薬になっているのです。

しかし、サルタノールは短時間作用性の気管支拡張剤で、1日に4回までと吸引させる事が出来る回数が限られていて、以前からこのブログにも書いていますが、長時間作用性の気管支拡張剤を探していたのです…、それも、エアロキャットの形状に合う物を。

合わせて、サルタノールはあくまでも対症療法で、現在のロシ子の咳を抑えたり、痰の絡みを抑える為のその場しのぎの治療になるので、根本的な症状の改善の為、ステロイドのフルタイドもエアロキャットで吸引させている現状がある中で、このアドエアを取り入れたのです。

アドエア。このアドエア、私、もう、数え切れない位、グラクソ・スミスクラインさんに問い合わせや相談の連絡をさせて頂いていて、短時間作用性のサルタノールの事で悩んでいる旨、お伝えした時に、このアドエアの事を教えて頂いて。

ほぼ同じタイミングで、看護師さん経由で2次診療の動物病院の先生とお話をしている時も、エアロキャットと同じ形状で長時間作用性の気管支拡張剤とステロイドの混合している薬剤がある事を聞いていて、詳細は聞きませんでしたが、もしかしたらこれかもと思いながら、前回のサルタノールの時と同様、すぐにAnimal Clinic どんぐりの森さんに電話をさせて頂き、即、仕入れて頂いたという訳。

超・詳しくグラクソ・スミスクラインの方からアドエアの説明を伺ったのですが、簡単に言うと、このアドエアは、フルタイドと長時間作用性の気管支拡張剤、サルメテロールが合わさった薬剤で、ロシ子の為には打って付けの薬剤なのです。

三羽烏の写真。そして、サルタノール、フルタイド、アドエアの三羽烏の写真。

真ん中のフルタイドについては、アドエアにも入っていてダブルでは吸引されられないので、これは当面、使いません…、しかし、適温保存をすれば2020年6月の消費期限までは使えるとの事ですので、大事に保管。

三羽烏+エアロキャットの写真。ついでに、三羽烏とエアロキャットのコラボレーションの写真…、とにかく、当面はこれらに頼るしかないのです。

リバティ神戸動物病院。そして、話を元に戻しますが、その日、Animal Clinic どんぐりの森さんを後にして、その足で、今度はリバティ神戸動物病院さんへ…、何をしに行ったかと言いますと…。

動物病院専用のチャオちゅ~る。動物病院専用のチャオちゅ~るを買って来たのです…、この動物病院専用のチャオちゅ~るも、今のロシ子には欠かせないおやつと言うか食べ物で、これ、市販では売っていなくて、また、どこの動物病院にでも売っている訳ではないので、動物病院のはしごになってしまった訳なのです。

しんどかったロシ子。アドエアの事に関しては、また後日、アップさせて頂くとしまして、あと2枚、他の写真を…、これは、今日から11日前の12/22(土)、つまり、加古川マラソンの前日の朝の事でしたが、この日は朝からロシ子の調子が悪くて、一人、2階に上がって、暗い中、しんどそうにしていたのです。

こっちを向いたロシ子ちゃん。こっちを向いてくれたロシ子ちゃん…、結局、この日はずっと調子が悪くて、それで、翌日、加古川マラソンの当日の朝一番に吐いてしまったのでした…。

お正月の昨日は調子が良かったロシ子でしたが、今日は1日中、調子が悪い…、最悪の状態ではないのですが、ずっと痰が絡んだしんどそうな呼吸をしていて、サルタノールは効きが悪いし、アドエアももう一つだし、酸素室には入りたがらないし…。

しかし、酸素室に関しては、嫌がってもロシ子の為だし、酸素室に入ると呼吸が楽になるのは間違いないので、無理矢理にでも入れています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です