マイスコの錠剤カッター…、なかなかの優れものです。(笑)


産経新聞の猫カレンダー。今年もはや4月…、とっても暖かくなって来て、桜も満開になって来ましたね。(笑)

昨日も慌ただしい1日で、すっかり、エイプリルフールだった事も忘れていましたが、1日遅れになりましたが、毎月、月初の恒例、ペットシッターさんから頂いた猫カレンダーの4月の猫ちゃんのご紹介です。

尾道の猫ちゃん。この子は、広島県の尾道の猫ちゃんですね…、尾道も猫好きには堪らない所の様で、猫ちゃんがたくさん暮らしている様ですね。

この猫ちゃん、きれいな桜に包まれて、ちょっと主(ぬし)の様な強面の猫ちゃんですが、とても魅力的な子ですね。(笑)

マイスコの錠剤カッター。さて、これは、錠剤をカットする為の器械、マイスコの錠剤カッター。

前回、先月の中旬頃の事でしたが、ペットシッターさんに我が家の猫たちのお世話をして頂いた時、例の失禁事件が起きてしまったのですが、それはさておき、ペットシッターさんが持っておられた錠剤カッターが、それはそれは見事に薬をカットする事が出来てて、後日、ペットシッターさんに、「薬の割れ具合があまりにも見事なので、お持ちの錠剤カッターの写真を送って頂けますか。」とお願いしたら、ペットシッターさん、あわてんぼうの様で、その錠剤カッターをなくされたとの事で、「マイスコの錠剤カッターが近い感じです。」とのお返事を頂き、8日前の3/25(日)に即日、Amazonで購入し、翌日の3/26(月)に届いたのです。

マイスコの錠剤カッター。真上からの写真…、この時は、ロシ子の薬が切れていたので、活躍をする事はなかったのですが…。

まずはステロイドの錠剤を。昨日のこのロシ子のブログでもアップさせて頂きましたが、またロシ子がステロイドを飲まなくてはならなくなり、動物病院に行った3/30(金)のその日の晩に、早速、このマイスコの錠剤カッターを試してみたのです。

まずは、ステロイドのプレドニゾロンから試してみたのですが、この通り、奥の所に錠剤をセットして、その上のカバーの所に刃が付いているのですが…。

蓋を閉めてカバーを閉じる。この様に、錠剤カッターの蓋を閉じると、刃が下りて来る様になっていて…。

錠剤が真っ二つに。そしてこの通り、プレドニゾロンが真っ二つ。

実は、前の2枚の写真は、3/30(金)の初めての時の写真で、この時はゆっくりと蓋を閉じたので、薬のカスがたくさん出てしまったのですが、この写真だけは、2回目に使った昨日、4/1(日)の時の写真で、素早く蓋を閉じたら、ほぼ、薬のカスも出る事なく、とってもきれいに割れました。

胃薬のオメプラゾール。引き続き、胃薬のオメプラゾールを割りました…、これ、昨日の時の写真。

カスが出ずに割れました。素早く蓋を閉じようと焦ってしまって、錠剤がきっちりと奥にセットされていない段階で閉じてしまったので、半々ではなく、ちょっといびつな割れ方になりましたが、でも、素早く蓋を閉めた結果、ほぼ、カスが出ずに割れました。

今までは、普通の文房具のハサミで切っていて、その都度、面倒くさいなぁ~、なんて思いながら割っていたのですが、これ、きれいに割れる事も嬉しいのですが、楽しく割る事が出来るので、Amazonでの540円の買物でしたが、とっても良い物を買ったと、ペットシッターさんに感謝です。(笑)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です