2次診療の動物病院を明日に控え、今日のロシ子を少しだけ。


ご飯待ちだったロシ子ちゃん。まずは、溜まっているロシ子ちゃんの写真をコツコツと…、これは、何と約1ヵ月も前の、3/23(金)の晩の事。

この日の前日に、私、フィリピン・台湾旅行から帰って来たのですが、この日は猫たちに美味しいお詫びご飯を食べさせてあげようとしたら、ロシ子が私の太ももの上にちょこん…、ロシ子、寝起きだったのかな…。(笑)

「ねこのきもち」の付録のパウチ。この日に出してあげたお詫びご飯 & お礼ご飯はこれ…、1年以上も前、雑誌「ねこのきもち」の付録で貰った「シーバ」のパウチ。(当然ですが、消費期限内です。)

旅行から帰って来た前日はバタバタで、猫たちに美味しい物を食べさせてあげる事が出来なかったし、また、毎月22日はロシ子が我が家に来てくれた記念日だし、留守番のお詫びと記念日のお祝いを兼ねて、このデリシャスなパウチを出してあげたのです。

元気なロシ子ちゃん。パウチの記念写真を撮っていると、ロシ子ちゃんが熱視線を…。(笑)

この日の猫たちの晩ご飯。そして、この日の猫たちの晩ご飯…、まずは、さっきの写真に写っていた2つのパウチの内の右側、極上フレークの方から…、あんかけの様にとろみが付いてて美味しそう…。

寝起きのロシ子ちゃん。そして、晩ご飯を2階に持って上がると、冒頭の写真のくだりで、寝起き顔のロシ子ちゃんが私の太ももの上に乗って来て、ご飯を早くちょうだいよって…。(笑)

パウチを食べてくれたロシ子ちゃん。そして、パウチの晩ご飯を出してあげると、ロシ子、勢い良く食べ始めてくれました。

元気なロシ子ちゃん。フィリピン・台湾旅行中には、ロシ子がパウチを食べてくれなかった事が引き金で、ペットシッターさんによるロシ子の失禁事件が勃発してしまったし、このパウチ、ささみが入っていたので、ロシ子がこのパウチも食べてくれるか、かなり心配したのですたが、ガツガツと食べてくれて安心したんだった…。(笑)

2日連続のデリシャスご飯。そしてこれはその翌日、3/24(土)の猫たちの晩ご飯…、前日に引き続き、さっきのパウチの写真の左側、お魚のスープの方のパウチを出してあげたのです。

ガツガツ食べるロシ子ちゃん。そして、ロシ子の食事の風景…、私的には、前日のパウチは、ロシ子が食べず嫌いをするささみ添えだったので、こっちのお魚スープの方が好みだろうと思っていたのですが、まさにその通りで、ロシ子、超・ペロペロとガッ付いていたんだった。

言わずもがなのアビのすけ君。そして、アビのすけ君に関しては言わずもがなで、こんなに大きい口を開けて食べていましたよ。(笑)

食欲のなさそうなロシ子ちゃん。さて、今日のブログのタイトルにも書きました、ロシ子の今日の様子ですが、これは、ロシ子の朝ご飯…、食べ始める前ではなくて、食べ終わった後でもなくて、結局、食べてくれなくって…、私は、ロシ子の体調が悪いのかと、心配で心配で…。

ロシ子の昼ご飯。そしてこれは、ロシ子の昼ご飯…、やはり、自動給餌器が動き始めても、ロシ子はソファーベットの上の猫ベットから動かず…。

かなりの時間が経ってから、ロシ子、半分位は食べてくれたのですが、それでも、朝はほぼ残した状態だったので、明らかに食欲がなさそうで…。

順不同になりますが、これは、今朝の夜明け前の午前5時前…、夜中の3時頃から、ロシ子が何回か酷い咳をしていて、それでこの時間、また、酷い咳をしていたので、私も溜まらずにロシ子の元へ…。

2次診療の動物病院から貰って来た、ステロイドと抗生剤と3種類の去痰剤を飲ませているのですが、日に日に、ロシ子の咳が悪化して行く様で、動画の後半の部分、ロシ子のお腹の膨らんではへこんでの動作がとても早くて、呼吸が苦しかったのか…。(涙)

いつもと違うロシ子が心配。そしてこれは、今日の夕方の4時頃だったかな…、いつもは大概、ソファーベットの上の猫ベットで寝てるのに、ロシ子がこんな隅っこにいて…。

幸い、今日の晩ご飯は、ロシ子の大好きな缶詰を出してあげたので、しっかりと食べてくれましたが、明日、ネブライザーを持って2次診療の動物病院にロシ子を連れて行きますが、とにかく、ロシ子の呼吸の苦しそうなのを解消して欲しい…、副作用が強いのは困るけど、即効性のある対応を、一度、先生にお願いしてみようと思っています。


スポンサーリンク

2次診療の動物病院を明日に控え、今日のロシ子を少しだけ。」への4件のフィードバック

  1. のりりん

    ロシ子パパへ
    かなり苦しいはずです。ロシ子パパがよく理解されているはずです。
    心配で心配で仕方ないですよね。
    うちの猫は口が開くまでいきます。お腹が波打つよう膨らんだりしぼんだりします。
    咳も痰が絡んで苦しそうな状態になります。
    去痰剤は試したことがありません。私の先生はデポメドロールでの対応しかないと言われてます。
    普通は獣医さんはデポメドロールの注射は使いたがらないでしょう。
    私も他の病院を探しているのですが、難しい。
    担当の先生に任せるしかないのですが、映像を見るとうちの猫とダブります。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      のりりんさん、お早うございます。昨日(おととい)はコメントを頂いておりまして、有難うございます。
      昨日はロシ子を遠方の動物病院に連れて行き、私、クタクタで、お返事が遅くなりごめんなさい…。

      はい、ロシ子が呼吸をしている様子を見ても、とってもしんどそうで、本当にこっちが心が痛くなってしまいます。
      藁をもすがる思いで、その大阪の2次診療の動物病院に行っておりますが、錠剤の薬と、昨日は動物病院で1回、晩に我が家で1回の計2回、ネブライザーをして、少しだけ、ロシ子も楽になった様に見受けられます。
      かと言って、全く安心は出来ず、今日から1週間、毎日2回、朝と晩にロシ子にネブライザーをするつもりです。
      とにかく、何とかロシ子の苦しみを取ってあげたくて、私も身に詰まる思いでおります。
      お互い、大変ですが、頑張りましょうね…。(涙)

      返信
  2. まさ

    毎回、毎回違う名前の片からコメントが入ります。
    毎日このブログを見ている私でも名前は覚えきれません。
    皆さんロシ子ちゃんの健康を気にしています。
    ロシ子ちゃんのあの純情な性格を理解した上のお返事だと思います。
    素晴らしい事だと思います。

    2日前岡山の帰りに三宮の駅前を通りました。
    私が19歳の時は阪神淡路大震災で国道2号は三宮付近は通行止めで三宮駅前を迂回しました。
    デパートが崩壊して傾いている前を通過しました。
    あれから23年ぶりに三宮駅前を通りました。
    さすがに当時の面影は全くなく、今あるのは神戸駅西寄りの高架下の古い飲み屋街位です。
    しかも阪神高速3号線は全国の都市高速全て(首都高速、名古屋高速、阪神高速、広島高速、北九州都市高速、福岡都市高速)で渋滞ナンバー1です。本当に神戸は変わりました。
    阪神淡路大震災の1ヶ月前に19歳で始めた仕事ですが、途中佐川急便に11年勤めて(年収700万円弱、退職金310万円でした)また復帰現在43歳になりました。
    私が佐川急便を退職してから、佐川急便はコンプライアンス遵守地獄で守れない者は吊し上げが横行して自殺が流行り社員が毎年年間10人位が自殺しました。
    神戸の復興途中は佐川急便時代でしたが、もうこの仕事年収450万円位なので、もうそろそろ辞めようかと思います。
    体力の限界を日々感じています。
    1年間まともな自分の時間が全くないです。
    45歳までに転職をしようと思います。
    でも清流の道は年に数回来たいです。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      まささん、お早うございます。昨日はコメントを頂いておりまして、有難うございます。

      そうなんですね、阪神高速3号線は、全国で渋滞ナンバー1なんですね…、と言っても、東灘から東の方は、あまり混んでるイメージがなくって、生田川とか京橋の辺りでしょうか…。

      以前、お伝えしていたかと思いますが、私も若い頃、2年ちょっと、軍資金を稼ごうと、佐川の京都本社で働いていまして、当時はバブルの真っただ中で、ドライバーになるのは2年待ちで、私は長期で働くつもりはなかったので、バイトで夜間のホーム作業をしていましたが、それでも、月50万は稼げましたもんね…、確か、集配ドライバーは月給が107万円だったと思いますが、今からしたら考えられず、あの頃ってやっぱり、バブってたんですよね…。
      はい、まささんは確か、お金もしっかりと貯め込んでおられたと思うので、もう、気楽に仕事をしても良いんじゃないですか…、旅行をたくさんして、人生を楽しんで下さいよ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です