毎晩、夜中にロシ子の咳で叩き起こされ、ロシ子を酸素室に入れる日々。


朝5時過ぎ、酸素室のロシ子。これはちょっと前、9/1(土)の朝5時過ぎのロシ子ちゃん…、我が家に酸素室が来た8/8(水)以降、ほぼ毎晩、夜中の2時か3時にロシ子の咳で起こされて、その時間からロシ子を酸素室に入れ、ロシ子は酸素室の中で朝を迎える日々が続いています。

話は変わりますが、この数日、ロシ子が入っているプラケースの酸素ハウスのバージョンアップを行っており、明日、完成する予定で、なので、この旧バージョンの酸素ハウスの写真も今日で最後…、次回、酸素ハウスの写真が登場する時には、新バージョンのプラケースの酸素ハウスになっていますので、乞う、ご期待です。(笑)

酸素濃度も安定しています。さて、自作のプラケースの酸素ハウスを作りたての時には、酸素濃度が異常に高くならないかが心配で、夜中にロシ子を酸素ハウスに入れた後も、10分おき位に30分位、酸素室内の酸素濃度のチェックをしていたのですが、もう寝不足が酷くって…。

それで、朝、起きて、まずは酸素室の酸素濃度をチェックして、これ位だったらホッとしていた飼主だったのです…。

5時間快眠法の本。ちょっと話を挟ませて頂きますが、私、日中、本当に時間が足りなくて、今年の5/8から徐々に、徐々に、体に慣らしながら睡眠時間を削って来て、今は、夜の0時に寝て、朝の5時に起きる5時間睡眠生活をしているのです。

でも、元々、最低でも8時間は寝ないとダメな人間だったので、少しでも快眠できる様、この本を図書館で借りて来て、NASA(アメリカ航空宇宙局)や、グーグルやアップルやマイクロソフトも推奨している仮眠を私も取り入れ、午後のひと時、パワーナップ(20分の仮眠)をして頑張っているのです。

酸素室を嫌がるロシ子ちゃん。話を戻しまして、これは、同じ日、9/1(土)の晩の10時前、ロシ子に晩ご飯を食べさせた後は、出来ればロシ子には酸素室に入って欲しくて、この通り、ロシ子を強制的に酸素室に入れたのですが、寝てくれない…。

出してくれ攻撃をするロシ子。この時はその写真は撮りませんでしたが、酸素室が嫌な時のロシ子は、プラケースの前面の壁をカリカリして、強烈な出してくれ攻撃をして来て、それも、ロシ子は頑固なので、ずっとカリカリをし続けるので、最終的には私が根負けして、ロシ子を酸素室から出してあげる始末になるのです…。

酸素濃度が安定してなかったんだ。そしてこれは、上の写真から4時間半ほどが経過した、9/2(日)の夜中の2時過ぎ…、やはり、ロシ子の咳で起こされ、ロシ子を酸素室の中に入れたのですが、なんでパソコンデスクがこんな所にあったんだっけな…?

蓋を少し開けて酸素濃度を調整。そうだ…、夜中に10分おきに酸素濃度をチェックするのが辛くて、なので、酸素濃度が上がり過ぎない様、プラケースの蓋を少しだけ開けて隙間を作り、ロシ子の出せ出せ攻撃でも蓋が倒れてロシ子が脱出しない様、パソコンデスクで押さえていたんだった…。

こんな事もありながら、今では酸素濃度も安定する様になったので、私は、夜中に1回だけ起きるだけで済む様になったのです。

ロシ子の体重測定の様子。そして、この写真もアップしてしまいます…、これは、5日前の9/5(水)のロシ子の体重測定の様子。

ロシ子の体重は3,629g。この日のロシ子の体重は3,629gで、良い感じで体重も戻っていたのですが、少しネタばらしになってしまいますが、昨日の動物病院での体重測定では、ロシ子の体重が減っていて…。

この1週間位、ロシ子が缶詰を食べず嫌いする事があって、なので、カリカリの量を少し増やして、缶詰は入れないでいたのですが、それが原因かも知れない…、今日の晩ご飯から、また缶詰を入れ始めたので、明後日の体重測定がどうなるか、様子をみようと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です