3年もの間、ピュアクリスタルさん、お世話になりました。


ピュアクリスタルがない。さぁ、今日も溜まっているロシアンブルーのロシ子ちゃんの写真をアップして行きますよ。(笑)

これは、2週間と2日前の10/3(水)の朝一番の事でしたが、ロシ子アビのすけも写ってませんが、何を写したかと言いますと、いつもはある、ピュアクリスタルがない事を写した写真。

毎週(水)は、ピュアクリスタルの本体やモーターの中を掃除する日で、この日も朝一番にその工程をして、新しい水を入れて2階に持って来たのですが、電源を入れてもピュアクリスタルが動かなかった…。

使命を全うしたピュアクリスタル。なので、再度、1階に持って下りて、色々と触ってみたけど原因は分からず…、ふと、コードを持ち直したらモーターが動いたり動かなかったりして、コードの伸び具合によって、電源が繋がったり繋がらなかったり…、どうやら、コードのどこかが断線している模様…。

なので、このピュアクリスタルは諦めて、「立つ鳥跡を濁さず」じゃないけど、最後、きれいに洗って、ここで乾燥させたのです。

お蔵入りの前に。そしてこれはその翌日、ピュアクリスタルを、元、入っていた箱に入れてしまう前に、記念撮影を…、3年前の平成27年10月に、我が家の猫たちに美味しい水を飲ませてくれる為にやって来た ピュアクリスタルのクリアフローさん、長い間、どうも、お疲れ様でした…!

しこたま噛まれたコードカバー。そして、コードに巻いてあったコードカバーを剥がそうと手に取ってみたら、まぁ、しこたまロシ子に噛まれた跡が。

アビのすけではなく、100%、ロシ子の仕業の様に書いていますが、100%、ロシ子です…、そう言い切れる位、ロシ子は本当に噛み噛みが大好きなんだ…。(汗)

マシンガンで撃たれまくったかのような。そして、コードから剥がしてもっと近くで見てみると、まるで、マシンガンで撃たれまくったかの様に、ロシ子に噛み噛み、噛まれまくったコードカバーがあらわに…。

内側のコードカバー。そして、コードカバーは2重に巻いていたのですが、これ、さっきの噛まれまくったコードカバーの内側に巻いていたコードカバーですが、こっちの方にも噛まれた跡が…。

やはり、外側のコードカバーの隙間に牙が入って、内側の方のコードカバーも被害にあった様。

コード本体。そしてこれは、その内側に巻いていたコードカバーを剥がして、ピュアクリスタルのコード本体…、何と、ここにも噛まれた跡が…。

断線している場所を突き止めても、もう意味はないので、しっかりとは見なかったのですが、おそらく、このコード本体のどこかに、ロシ子の牙が食い込み、ほんの少し、断線してしまい、それで、ピュアクリスタルのモーターが回ったり、回らなかったりになってしまったのだろう…。

ロシ子の爪切りの風景。そして今日は、かわいいロシ子ちゃんが写っている写真が1枚もなかったので、この日の晩にしたロシ子の爪切りの風景も。

かわいいロシ子。昨日、また、猫たちの爪切りをしたので、これは前々回の爪切りの様子になり、詳しい事は忘れてしまいましたが、最近のロシ子の爪切りは、とにかくダッシュでやっているのです。

ロシ子が動かない様、ある程度、ロシ子を抑えながら爪を切っているので、ロシ子が苦しい体勢になった時に、むせて咳をしそうになるので、とにかくダッシュで爪切りをしている様な現状なのです。


スポンサーリンク

3年もの間、ピュアクリスタルさん、お世話になりました。」への4件のフィードバック

  1. まさ

    台風21号でトラック荷台が壊れて125万円で修理が完了しそれからは体力の面も考え兵庫県ではなく京都府に距離を縮めてもらいました。
    ところが兵庫県と違い
    ・古都京都の街並みを大型トラックで走る抵抗
    ・国道から一本入れば時代劇のスタジオセットのような数十年前の街並みの庶民の生活の横を大型トラックで走る抵抗
    ・北大路、洛西、西京極などエグい地名の精神的な抵抗
    ・京都人の腹に何かたくらんでいるかのような性格による抵抗
    ・京都人の自尊心の高さによる抵抗
    ・何か京都の市内をトラックで走っていると誰かに意識して見られているような感じがする意識的な抵抗
    ・任天堂だったり京セラだったり京都に本社がある個性の強い企業に仕事として行かないと行けないがやっぱりルールが厳しく面倒くさい事の抵抗
    ・京都人の何でもない事を言わないとやってくれなかったり、何でもない事で注意されたりする矛盾した事も含めての不可解な事による抵抗

    もう絶対無理
    もう耐えられなくて来週から兵庫県に戻してもらいました。
    神戸市では何事も8年間ほぼノントラブルで自信満々で関東人として行きましたが2週間持ちませんでした。

    昔、佐川急便で古都 鎌倉市を営業エリアとして仕事をしていましたが、あの京都人の次にエグい鎌倉市民相手でも何とか4年は耐えて、グロッキー寸前で空きができたので横浜市内の外れに移動させてもらいました。

    京都は無理、何もかも個性の塊です。
    パパさんは良く耐えましたね。
    例えればあの北大路の街並み、あの人混みであの街並みでどこか全体的に暗い暗さ、夜になると半端じゃない暗さ、関東ではでなく全国探してもないと思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      まささん、こんにちわ。またまた、長文のコメントを有難うございます。

      はい、私は中学2年生から20歳代初めまで京都で暮らしましたが、京都が合わずに京都を脱出しました。
      今は神戸に住んでますが、神戸は本当に住みやすいです。
      湯治はどうでしたか?
      私もゆっくり、のんびりと旅がしたいです…。

      返信
  2. 爪を切られるときのロシ子ちゃん、神妙な顔をしていますがとても可愛いです。
    良い子にしているみたいですね。
    同じロシアンブルーとはいえ、うちのステラとは大違いです(でもペットホテルに預けた際、爪切りを頼んだときは店員さんに「良い子にしていましたよ」と言われました)
    そんな良い子のロシ子ちゃんがコードを噛み噛みするのが意外です。
    どう考えてもアビのすけ君がしそうなのですがロシ子ちゃんなのですね。
    まあ、その意外性がロシ子ちゃんの魅力の一つなのだと思います。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんにちわ。コメントを有難うございます。

      はい、ロシ子は昔よりかは、爪切りの時に駄々をこねる様になりましたが、それでも、全然、おとなしく爪切りをさせてくれます。
      ロシ子は噛み噛みが本当に大好きで、爪の研ぎ研ぎと同様、私が躾をしっかりとしなかった事で、こんな事が各所で起こっています。(汗)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です