ロシ子の嘔吐…、昨日、ロシ子を動物病院に連れて行きました。


リバティ神戸動物病院。昨日の未明おとといの未明4日前の未明1週間前の未明と、6日間の内に4日も吐いてしまった、私のかわいいロシアンブルーのロシ子ちゃん…。(涙)

4回目に吐いてしまったおととい、もう堪らず、ロシ子を動物病院に連れて行こうと思ったら、主治医の動物病院がお休みで…、それで、昨日の朝9時過ぎに電話を入れて予約をし、無事、昨日の午前11時40分に、主治医のリバティ神戸動物病院さんに行って来ました。

ロシ子と嘔吐物。予約時間の1~2分位前に着いて、ほんの少しだけ待合いで待ったのですが、その間に、ロシ子ちゃんとその嘔吐物の写真。

このお皿に入れたロシ子の嘔吐物は、その日に吐いた物ではなく、前日に吐いた物だったのですが、冷蔵庫で保管をしていたので、十分に先生にご覧頂けるだけの物は保てていました。(汗)

ロシ子の体重測定から。そして、ほんの暫くして、院長先生に呼ばれて診察室へ…、まずは、いつも通り、体重測定から始まったのですが、この時のロシ子の体重は3.75kg。

1ヵ月と20日前の8/8(水)、ロシ子の体調が急変して、食欲もなくなってしまった時の3,318gからはV字回復を成し遂げ、2次診療の動物病院へ行き始めた、今年の4月の3.8kg前後まではあと一息で、ロシアンブルーのロシ子ちゃん、咳はしているけど、体重的には戻ってくれた様。(笑)

ロシ子の体温測定。そして、続いて、ロシ子の体温測定…、肛門に体温計を挿して、ロシ子の体温は問題なし。

ロシ子の耳の穴の中を検査。ロシ子の耳の穴の中を見て頂き…。

ロシ子の歯茎も問題なし。ロシ子の歯茎も見て頂き、全て問題なし。

聴診器で検診。そして、聴診器でロシ子の心臓の音や肺の音を聞いて頂き、これも、前回から特に悪化している様子もなく…。

痰はめっちゃ絡んで、酷い咳をする事もあるロシ子ちゃん、そして今回は、6日間の内に4日も吐いてしまったロシ子ちゃん…、とっても嬉しい事なんだけど、体的には元気なのに、何で色んな事が起こるのか…。

診察が終わりました。そして、診察が終わって、待合いでロシ子と薬の記念撮影。

実は、この2種類の薬、我が家にあった薬で、共に胃薬だったので、これがロシ子に使えるのならと思って持って来たのですが、診察室で先生にお尋ねしたら、これは使えるとの事で、容量用法を調べて下さり、紙に書いて手渡して下さって。

2種類の薬。右側のプロナミド錠は、いつだったか忘れましたが、以前、アビのすけが吐いた時の為用に、予め、他の動物病院で貰って来ていた物でしたが、アビのすけの嘔吐はただ単に早食いのせいなので、1回もアビのすけに飲ませずに放置していて…。

左側のオメプラゾールは、多分、以前、ロシ子に飲ませていたのだろうと思いますが、いつ、何の為にロシ子に飲ませたのかは全く記憶になし…。

我が家には、猫たちの薬もそうですし、私の薬も貯め置きしているので、ある意味、こんな時にはとっても便利。

こちらのリバティ神戸動物病院の院長先生は、本当に優しそうな方で、嫌な顔一つせず、わざわざ、容量まで調べて下さって、本当に有難く思っています。

また、明日にでも、この薬の詳細をアップしようかと思っていますが、昨日の晩からロシ子にこれらの胃薬を飲ませ始め、一応、今日の未明は、ロシ子、吐きませんでした…、でも、1日、吐かない位じゃ、全く安心は出来ません…。


スポンサーリンク

4 thoughts on “ロシ子の嘔吐…、昨日、ロシ子を動物病院に連れて行きました。

    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      ゆうきけいさん、こんにちわ。
      この度は、ロシ子のブログをご覧頂き、コメントを有難うございます。

      はい、ロシ子の為、出来る限りの事はしているのですが、色々な事が起こってしまい、ロシ子が可哀想で、ロシ子には申し訳なく思っています…。

      返信
  1. ピンバック: 胃薬を飲ませた結果、ロシ子、2日間、吐かなかったんだけど...。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

  2. ピンバック: ロシ子ちゃん...、アゲイン (again) ...、悲しいぞ...。(涙よ | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です