挑戦…! ロシ子にエアロキャットでフルタイドだ…!


フルタイドとシリンジ。これは、4日前の12/10(月)の晩7時過ぎ…、この日の前々日に、新たに行った動物病院でフルタイドを貰って来たのですが、慎重には慎重をで、12/9(日)にブリーダーさんに使い方を尋ねて、それで、私の精神を落ち着けた上で、この日、いよいよ、ロシ子にフルタイドを始めたのです。

一緒にシリンジを写していますが、グラクソ・スミスクラインさんにお尋ねした所、フルタイドが喉に残ってしまうと、発症率は0.5%未満との事でしたが、喉にカビが生えて、いわゆるカンジダ症になる事もあるとの事なので、このシリンジでロシ子の口に水を注入しようと思ったのです。

サルタノールとの大きさ比較。そして、参考までに、サルタノールとフルタイドの大きさ比較…、右側のオレンジのフルタイドの方が小さいです。

ロシ子とフルタイドの記念撮影。そして、ロシ子とフルタイド、サルタノールとの記念写真…、フルタイドとサルタノールはぴったりピントが合ったけど、ロシ子がボケてしまった…。

ロシ子の記念撮影。もう1枚…、今度は、フルタイドとサルタノールはボケてしまいましたが、美人なロシ子さんが撮れました。(笑)

シリンジとも記念撮影。そして、シリンジとも記念撮影のロシ子ちゃん。

いざ、フルタイドを。そして、いざ、ロシ子にフルタイドを…、フルタイドをする前のロシ子ちゃん。

バズーカ砲の様なエアロキャット。まるでバズーカ砲の様なエアロキャット…、この後、ロシ子に初めてのフルタイドを敢行しました。

シリンジも終了。そして、シリンジの中の水がないから、これは、シリンジの中の水をロシ子に注入した後に撮った写真ですね。

この時は、私も遠慮しながらロシ子の口の中に水を注入しましたが、最近は、普通に水を注入してやると、見事なまでにロシ子がうがいをしてくれるので、これでほぼ、カンジダ症の危険はないと思います。

このフルタイドは、すぐに効果が表れるものではなく、症状が良くても悪くても、1日2回、3ヵ月ほどは続ける必要があるとの事なので、取り敢えず、3か月間、ロシ子と一緒に頑張ろうと思っています。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です