台風21号の猛威…、今回は、真剣、命の危険を感じました…。


まず、今日は、この動画をアップさせて頂きましたが、今回の台風21号は、個人的にも、今までの台風の中で最も怖かった…。

これは、今日の午後1時40分の事でしたが、ちょうどこの時間帯、台風が神戸に再上陸したとの事を後で知ったのですが、今回は暴風が凄い台風との事を聞いていたので、窓ガラスが割れない様、1階も2階も雨戸を閉めていて、その雨戸が暴風でガタガタ言っていたので、私はまだ気楽な気持ちで、真っ暗な中、2階にいる猫たちの様子を動画に撮っていたのです。

そして、一旦、私、1階に戻って来て仕事をしていたのですが、ロシ子が2階で咳をしていたので、ロシ子を1階に連れて来て、午後2時頃から、私の仕事部屋で酸素室に入れていたのです。

その後も、本当に暴風雨の音が凄かったのですが、外でちょっと聞き慣れない音がしたので、1階の雨戸を開けていれば、私の仕事のポジションから外を見る事が出来たのですが、今日は1階の雨戸も2階の雨戸も閉めていた事もあって、まぁ、この時も、それ程、深刻な気持ちもなく、外を見に行こうと思って玄関を開けたら、いきなり水が我が家の玄関の中に入って来たのです…。

川が氾濫。私、一瞬、頭が真っ白になったのですが、実は、我が家の向かいには二級河川が流れていて、これは、その二級河川が氾濫したのだと…、それで、慌てて2階に上がり、雨戸を開けて外を見て見たらこの光景…、私、驚愕…。

台風21号の猛威。私、平成23年の東日本大震災の時の、テレビに映し出された津浪の光景がフラッシュバックして来て、これはやばいと…、避難しなければと…。

2階に上がって来た時に、アビのすけは2階にいたので、私は1階の仕事部屋に戻り、ロシ子を自作酸素ハウスごと2階に持って上がり、一息、付こうと思ったら、今度はアビのすけがいない…。

私、さっき、2階の雨戸を開けて外を見た時、当然、ベランダに出る為に窓も開けていたのですが、慌てていて、窓を開けっぱなしにしたまま、1階のロシ子を迎えに行き、そして、2階に戻って来たら、今度はアビのすけがいない…。

アビのすけは家猫だし、外に1回も出た事がない臆病な猫ちゃんなので、2階の窓から外に行く事はないだろうとは思いながらも、家の中を探しまくってもアビのすけがいない…、私も慌てていたものだから、1階と2階を5往復はしたと思うのですが、慌てまくった結果、ようやっとアビのすけを見つける事が出来て、本当に、本当に、ホッとしたのです…。

アビのすけがどこにいたかって…、こんな所にいたのです…、この野郎…、本当に心配させやがって…。(涙) →→→   アビのすけ、てめえ…、お前の事を探しまくったんだぞ…。(涙)

驚いていたロシ子ちゃん。10分ほど、アビのすけを探したでしょうか…、1階から2階に慌ててロシ子を連れて来て、その後、アビのすけを探すのに頭が100%になっていて、ロシ子の事を放ったらかしていた…。

ごめんね、ロシ子ちゃん。ロシ子もさぞ、驚いた事だと思います…、我が家の前の川が氾濫していた事に驚いたのではなく、私の慌てぶりに驚いていたのだと思います。

1階に下りたロシ子ちゃん。そして、また猫たちを探しまくる事がない様、猫たちを2階に閉じ込めて、私は1階で避難の準備…、もっと酷い状況になったら、すぐに避難が出来る様に、まずは猫たちのキャリーを準備して、他、お金やポータブルHDDなどなど…。

その後、ちょっと川の水位が下がって来たので、猫たちと一緒に1階に…、万一、避難する時に、猫たちが隠れてしまったら、また探すのが大変なので、1階の戸を閉め切って、常に私の目の届く範囲内に。

警戒していたロシ子ちゃん。私の異様な雰囲気を感じ取り、ロシ子も警戒感がたっぷりだったので、緊張を解く為、ロシ子が食べてなかった昼ご飯を持って来たけど、ロシ子、食べてくれず…。

そして、ソファーに置いてあるのは、避難する時の準備物…、猫たちのキャリー2つと、私の貴重品を入れたリュック。

ロシ子とアビのすけ。そして、ロシ子アビのすけ君…、今、このブログをアップしている夜中の0時前現在、台風も過ぎ去ったので安心していますが、この時はまだ、川が氾濫して、家の玄関の所まで水が来た事の動揺が収まっていませんでしたが、本当に、猫たちもお疲れさんでした…。

関空が水没。そして、猫たちと1階で待機をしている間、テレビでNHKのニュースを見て、台風の情報を見ていたのですが、これが映し出された時には、本当に衝撃を受けました…、ここ、普段は飛行機が止まっている関空の駐機場ですが、水に浸かってしまっているとの事で、私も数知れず行っている場所なので、本当にビックリ…。

また、今日は昼から暴風雨予報だったので、午前中、朝10時頃に最寄りの関西スーパーに行ったら、台風の影響で急遽、休業していておかしいなと思っていたのですが、氾濫が収まった後、お隣さんとお話をしていたら、20何年、ここに住んでるけど、こんな事は初めてって言っておられたし、もう一つ、本当に衝撃だったのは、晩のヤフーニュースのこの記事…、我が家の近所のサンシャインワーフが海水に浸かってしまってた様で、ここも本当によく知っている場所なので、これは本当に衝撃で、やはり、人間の暴挙に自然が怒ってるんだと思う…、南海トラフ地震が現実味を帯びて来たと感じで今日でした…。

まささんからの写真。ついでの写真…、これは、今日の午後7時に、このブログを初期の頃から見て下さってる「まささん」が送って下さった写真で、「京都市西京区の国道9号の橋を渡っている最中、いきなり対向車が横風にあおられ横転」したとの事…、晩、ニュースを見ていたら、ほんと、信じられない位、軽々と車やトラックがひっくり返っていたもんな…。

※お断り: まささん、写真掲載OKのお返事を頂く前に、アップさせて頂きました…、また、不具合があれば、おっしゃって下さい。

まささんからの写真。そしてこれは、「私の車はいきなりウイングが開いてしまいました。」との事で、まささんはトラックの運転手さんなのですが、これで、数十万円もの出費との事で…。

我が家は不幸中の幸いで、床上浸水はせず、玄関にあった私のアディダスの真っ白のシューズは水浸しになってしまいましたが、とにかく猫たちが無事だったので、本当に良かったと思っているのです…。

PS. 今回の台風21号で、甚大な被害を受けられた皆様、心からお見舞い申し上げます。


スポンサーリンク

5 thoughts on “台風21号の猛威…、今回は、真剣、命の危険を感じました…。

  1. ピンバック: アビのすけ、てめえ...、お前の事を探しまくったんだぞ...。(涙) | アビシニアンのアビのすけブログ。

  2. 台風の上陸先が神戸と聞いてパパさんなどブログでのお付き合いがある方々のことが気に掛かっていました。
    そして、ロシ子ちゃんブログが更新されたのを見て
    「とりあえずパパさんは無事なのね・・・」
    と安堵した矢先にこの川の写真を見てびっくりしました。
    変なことを聞くのですが、この写真の川は普段から”2段”になっているのですか?
    ・・・と、書きつつ、パパさんが玄関のドアを開けたら水が入ってきたという記述に事態の深刻さを感じました。

    ちなみにその日、私の方の地域では昼間は晴れていたのです。
    念のため、早めに買い物に行ったのですが外を見上げて
    「こんなに良い天気なのに本当に雨が降るのかしら?」
    と思いました。
    そうしたら夜に雨が激しく降りました。

    アビのすけ君ブログも読みました。
    アビのすけ君が無事にみつかって良かったです。
    猫はちょっとした隙に外に出てしまいます。
    うちも愛猫たちがどちらもほんの一瞬(ゴミ捨てなどで戸を開けた瞬間)にさっと出てしまったことがあります。
    捕まえるまで生きた心地がしませんでした。

    ちなみに今朝は北海道での地震のニュースがあり、いつ何があってもおかしくないのだと思いました。
    それでも「今」が何事もないと備えが遅れてしまいます。
    動物がいれば、自分自身のことだけでなく動物のことも備えないといけないですね。

    返信
    1. ロシ子パパ 投稿作成者

      狸さん、こんばんわ。コメントを有難うございます。

      おっしゃる通り、今朝は北海道で震度7の地震が起こり、道内全域で停電が発生しているとの事。
      数か月前には、西日本の豪雨がありましたし、先日は関西圏では歴史的な高潮が起こり、関空が大変な事になっており、本当に、地球はやばい感じがします。
      今日、ふと思っていたのですが、今回の台風21号が発生した時に、仮に、私が海外に行っていたとしたら、関空は閉鎖になっているので、何日も帰国できなかったのではと…。
      そうなったら、猫たちはどうなっていたのかと…。
      もしかしたら、今現在も、日本に帰りたいのに、飛行機が欠航になり、海外で足止めを食っている方もいるのだと考えると、本当に、恐ろしくなってしまいます。

      返信
  3. ピンバック: ロシ子とアビのすけの関係性を物語る…!? 暴風雨の爪痕も。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

  4. ピンバック: 台風24号に対して、猫たちと共に万全の備え...、その結果は...。 | ロシアンブルーのロシ子の成長奮闘記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です