大晦日だと言うのに、ロシ子、大丈夫かい…、辛いよ…。(涙)


しんどそうなロシ子。年末まで、こんなブログになってしまい、ごめんなさい…、これは、今朝7時過ぎのロシ子…。

ロシ子、今朝の未明からまた調子が悪くって、またサルタノールが効かない状態に陥って、それで、この直前に吐いてしまったのです…。(涙)

もう、見てるのが辛い程に、ロシ子の呼吸が荒くて、しんどそうで…。(涙)

可哀想なロシ子。本当に可哀想なロシ子…、サルタノールは効かないし、酸素室には入ってくれないし、私はもう、どうする事も出来なくて…。

テーブルの下には、ロシ子の吐いた跡がありますが、この直前のロシ子の吐いた様子はこんな感じだったのです。

今日は私、全く間に合わなくて、1回目、テーブルの下で吐いた後、ロシ子はここに移動したのですが、私がここで動画を撮り始めた時には、既にここで吐いてしまってて、動画に映っている吐いている様子は、実はもう、吐く物がお腹の中になかった様なのです。

1ヵ所目の吐いた跡。1ヵ所目の吐いた跡…、また、黄色の胃液も含んでいない、真っ白な嘔吐物…。

唾の様な吐いた物。もう、まるで唾の様な吐いた物…。
2ヶ所目の吐いた跡。そして、動画にも映っていた通りの、2ヶ所目の吐いた跡…。

ロシ子の吐いた物。白い泡みたいな吐いた物…。

ロシ子はどうなってるんだ?もう、ロシ子の体がどうなってしまってるのか、私には全く分からない…。

ご飯を受け付けないロシ子。そして、嘔吐から約1時間半後の朝8時半…、ロシ子に缶詰を持って行ってあげたのですが、もう、体が受け付けなかった様で、全く食べてくれず…。

ロシ子、本当にしんどそうで、でも、私は何もしてあげる事が出来ず、本当に辛かった…。

やっと食べてくれた。そして、そのまた約2時間後、吐いてから3時間半程が経過した頃でしたが、ロシ子が全く何も食べてなかったので、私は心配になって、伝家の宝刀、動物病院専用のチャオちゅ~るを持って行ったのです。

実の所、私の気持ち的には、ロシ子は本当にしんどそうだったので、食べてくれるとは思わなかったのですが、食べてくれて…。

少しでも元気になって欲しい。おそらく、缶詰を持って行ったとしても、ロシ子は食べてくれなかったと思うのですが、本当に食べてくれて良かった…、ちょっとでも体力を付けて、頑張って貰うしかないのです…。

痰が絡みながらも、ロシ子、必死に食べてくれてました。(涙)

この体勢から動けないロシ子。チャオちゅ~るを食べ終わったロシ子…、もう、この体勢から動けない感じで…。

この約3時間半ほど後の午後2時位に、ロシ子、ようやっと、この場所から仕事部屋の私の所にやって来てくれたのですが、今日は1日中、調子が悪かった…。

実は、昨日、2次診療の動物病院に行く予定だったのですが、2週間ほど前だったか、私がフルタイドを取り入れる事に対して、それは病院の治療の方針と違うので、主治医の動物病院から薬を貰って下さいみたいな事を言われて…。

看護師さんを通しての先生との話なので、伝言ゲームが正しく伝わっているのか、事実はどうなのかは分かりませんが、別に、2次診療の動物病院に行って、ロシ子の精密検査はして貰ったけど、結局、病名は分からず、原因も特定できず、ロシ子の症状も良くならず…。

エアロキャットやサルタノールも、私が先生にお話をして、それまで先生はエアロキャットの治療をした事もなかった様で、このブログをご覧頂いている皆さまからアドバイスを貰ったり、ブリーダーさんからアドバイスを貰ったり、要は、実際に愛猫が苦しんでいる皆さんの方が2次診療の動物病院の先生よりも新しい情報を持ってる感じで、気持ち的に2次診療の動物病院に対してテンションが下がり、もういいかなっていう気持ちになっています。

って言うか、そんな話ではなくて、2次診療の動物病院での11/18(日)のレントゲンでは影が薄くなっていたのに、何でこんなにロシ子の調子が悪いのか…。

大晦日のブログが、途中から愚痴っぽくなってしまいましたが、来年は、少しでもロシ子はましになって欲しい…、と言うか、ロシ子があまり苦しまないで欲しい…、そんな事を願う飼主です…、皆さま、良いお年をお迎えください…。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です